Read Article

広告

1年で14kg痩せたダイエットは5つの簡単な法則を守るだけ

この記事は40代の男性に書いていただきました。5つの簡単な法則を守るだけで1年で14kg痩せた方法です。

……….

広告

ダイエットは様々あるが..

 世の中にはダイエットノウハウが溢れています。テレビをつければ必ずと言ってよい程に、どこかでダイエット特集が組まれていますし、通販番組ではダイエットサプリのPR、雑誌やWEBでも多く取り上げられています。それだけダイエットをしたいと思っている人が多いという証明でしょう。

 ダイエットというと、概ね以下の方法がメジャーです。
1運動
2食事制限
3サプリメント摂取
4器具の利用

 単発でもよいし、全てをトライするという人もおられるでしょう。あまたあるダイエット提唱メディアに一貫しているのは、実際にトライされた人の成功事例が伴っていることです。つまり実証的な方法だという訴求です。うさん臭いものも多少ありますが、概ね本当に成功されたのでしょう。

 しかし、何事も物ごとには向き不向きがあります。その人には最適であっても、別の人には不適かもしれません。その証拠に、巷のダイエットは、数え切れないくらい存在しているのです。最も効果的なランキングなどという分類は無く、これも効く、あれも効くと、百花繚乱状態です。

 それでは、どうやって最適なダイエット方法を見つけ出したらよいのでしょうか?筆者がヒントを差し上げたいと思います。

理屈を知って行動を決める

 物事には必ず理屈が存在しています。体重の増減にも同様に理屈があるのです。それを知るのと知らないのでは、行動パターンに変化が起こります。

 筆者は、この理屈を知って晴天の霹靂でした。言われてみれば当たり前なのですが、見逃していた概念だったからです。

 それは、カロリーの理屈です。

 なぜ体重は増えてしまうのか?それは、“摂取カロリーよりも消費カロリーが少ない”からです。逆を返せば“消費カロリーよりも摂取カロリーが多い”からです。

 実は医師からこの理屈をさらっと教えて頂きました。言われてみれば有たり前の事なんです。足し算と引き算で考えればよいだけの事なんです。

 第一チャプターで記載した4つの方法論も、この考え方に立っています。運動は消費カロリーを増やします。食事制限は摂取カロリーを減らしています。

1運動
2食事制限
3サプリメント摂取
4器具の利用

 サプリメントの摂取は、「置き換え」であるならば摂取カロリーを減らしている事でしょう。食事制限も同じですね。

 運動と器具の利用は消費カロリーを増やしています。

 この様に、体重増減の理屈が分かると、どの方法を採用して、減量を実現しようかと理論的に考えるようになります。実はその事が最も大事な事なのです。理屈もわからずに、やみくもにどれかの方法を採用しても、継続できなかったり、バランスが悪い結果に陥り易いのです。結果ダイエットが実現しません。何事も理屈を理解する事と、その上で採用するダイエットを継続する事が大事な事です。

筆者の行ったダイエット行動

 筆者が行なったダイエット方法を述べる前に、客観状況をお伝えしておきます。

 年齢40代後半、男性、身長175cm,、体重82kg。これがダイエット開始前の状態です。後述のダイエット行動を1年継続した結果は、体重が14kg減の68kg。毎月約1kgちょっと落とす健康的なダイエットです。

 その後ダイエット行動を止めて数年経っていますが、多少のリバウンドはあるものの、ほぼ理想体重を保っています。つまり、方法論は私にとって適切で、効果があったという事です。

 筆者の行なったダイエット行動は単純です。取り組んだ事は5つだけです。

①夕食の量を約2割減らす
②昼食をクリーム玄米ブランだけにする。
③一日必ず1万歩以上歩く。
④エスカレーター、エレベーターは基本利用しない
⑤体重と歩数を毎日記録する

 たったのこれだけです。1と2は摂取カロリーを減らす目的で、3と4は消費カロリーを増やす目的、5は意識改善が目的です。過度な運動をする訳でもなく、過度な食事制限を行なう事もなく、サプリメントも一切飲んでいません。

 食事の内容は、昼食の品目だけは完全に変えましたが、それ以外の朝食と夕食は、いつも通りに家内が作ってくれたご飯を食べていました。特別のメニューにしてもらった訳ではありません。夕食のおかずを一品減らしてもらい、ご飯を7分目にしただけです。最初の3カ月は全然と言っていい程に効果がありませんでした。

 ところが3か月目から若干体重が減り出しました。一度体重が減りだすと、日々の行動が楽しくなります。毎日体重を記録して眺めるのが楽しくて仕方がなくなります。これが重要な事です。

 苦労したのは歩数です。ダイエット行動を開始する前から1日5千歩は歩いていましたが、1万歩となると、結構歩く必要があります。通勤で利用していたバスに乗るのを止めました。バスで8分だった道のりを、徒歩25分かけて会社に行く事にしました。少し早起きすればよいだけの事です。

 それでも1万歩に満たない日があります。毎日帰宅時に駅に着くと万歩計の歩数を確認して、家に帰り着くまでに1万歩に足らなそう場合は、家に帰宅せず、駅から遠回りして家の付近を黙々と歩きました。そして万歩計が1万になってから自宅のドアを開けました。雨の日などは仕方なく帰宅し、家の階段の上下を繰り返して、1万歩達成する様にしました。苦労と言っても少しだけの事です。無理をせずに、少しの努力でできる事を毎日する事にしたのです。

 こうして、徐々に体重を下げる事が、リバウンドの少ない結果になると信じたのです。

成功の秘訣

 この様に、理屈を知って、無理をせず、毎日できる少しの努力をコツコツと継続する事が、ダイエット成功の秘訣だと言えます。自らそれを実証できたので、そう言えるのです。デメリットに感じた事も一切ありません。

 ダイエット方法は様々あります。人それぞれで最適不適があるのです。ですから、自分に一番効果がありそうで、毎日継続できる事を意識して継続する事が、最も大事な事だと思います。

 過度な運動がよい訳ではありませんし、拒食するくらいに食べない事など決して身体によいとは思えません。健康的にダイエットする事は可能なんです。もし参考になりましたら、1年で14kg痩せた以下の5つをお試しになってみて下さい。

①夕食の量を約2割減らす
②昼食をクリーム玄米ブランだけにする。
③一日必ず1万歩以上歩く。
④エスカレーター、エレベーターは基本利用しない
⑤体重と歩数を毎日記録する

[参考記事]
「舞茸と脂肪燃焼スープで20kg痩せた。自然と糖質制限をしていた」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top