Read Article

広告

ダイエットの後遺症で体重が38キロの激やせに

広告

 

この記事は30代の女性に書いていただきました。ダイエットを追求するあまり、サプリメントに手を出し、その後遺症により38kgの激ヤセにまで至ってしまった経験を書いていただきました。

……….

 私がダイエットを本気で行ったのは20歳の時。この時の身長162㎝、体重57㎏でした。昔からぽっちゃりしていて一度でいいから「スタイルいいね。」なんて言われる事が夢でした(BMIで計算すると適正体重ですが、私は女性ですので良いスタイルに憧れがありました)。

 ネットで検索してあらゆる事に挑戦しました。まず始めたのは食事内容を変えることです。白米から玄米食にして、おかずは野菜中心です。

 ある日のメニューは、
[朝]
玄米小茶碗1杯、焼き魚、無脂肪ヨーグルト、バナナ半分、サラダ

[お昼]
春雨スープ、サラダ
[夜]
お肉入りの野菜炒め(オリーブオイルで)、玄米小茶碗1杯、味噌汁、サラダ、

 飲食をする際に気を付けていたことが3点かあります。
①食べ始めは野菜から食べて血糖値を急激に上げないようにしました。野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれると言います。

②夜ご飯は7時までに食べ終える事で寝る時間までには消化しているようにしました。

③日中は白湯を飲む。白湯はデトックスと代謝アップの効果があるとされています。

 ダイエットのために食事以外で行なったことも3つあります。
①食後少ししたらエクササイズのDVDかウォーキングを40分やります。
元気な時は両方やりました。朝は普段乗る駅の隣の駅まで歩き(早歩き)、そこから電車に乗っていました。

②毎日おふろは反複浴をします。お湯の温度を42度くらいにして、全身入浴を5分~10分×3セットします。入る時はレモン水を飲みながら入ると代謝が上がりやすく、汗をかきやすくなります。

③睡眠はすくなくても6時間以上取るようにしました。

 これを半年続けて11kg減の46㎏まで落ちました。体が軽くなりとても動きやすい身体になりました。着たかった洋服も着れてとても嬉しかったです。

ダイエットの後遺症?

 これを続ければ良かったのですが、ダイエットの落とし穴に入ってしまいました。痩せれば痩せるほど嬉しかったので、もっと高い効果を求めてしまいました。それはダイエットサプリメントの使用です。ダイエットサプリで下痢状態になり、食事も摂れなくなっていき、38㎏まで落ちてしまったのです。

 私の身長162㎝ですが、38kgで計算するとBMI(体格指数)は「低体重」です。体力はかなり落ちて疲れやすく、普通の生活が困難に思えるほどでした。生理が止まり、ホルモンバランスも崩れ、更年期障害のようなイライラが抑えきれませんでした。これはダイエットの後遺症と言ってもいいでしょう。

 後遺症により精神的にボロボロ状態になってしまったのでダイエットを中止し、生理がくるように漢方で体を温めました。しばらくすると生理が戻り、普通の生活もできるようになりました。体重は53㎏ほどに戻りました。

 ここからウォーキングを再開し、食事は今までと同じ玄米食を食べるようにしました。そして、味噌、醤油、納豆を代表とする発酵食品を積極的に摂るようにしています。また、筋肉を付けるために良質なたんぱく質を多めに摂り(主に卵)、基礎代謝が上がるような体作りをしました。その結果、1年ほどで50㎏になりました。

 健康的な体を手に入れる事ができ、健康診断では何の病気もなく、とても気持ちよく毎日を過ごせるようになりました。後遺症の影響が残らないで本当に良かったです。やはりサプリで痩せようなんて考えるのがいけなかったです。一番大事なのは普段の食事と運動ですので、これを軽視してサプリで免罪符を得るなんて考えてもお金の無駄ですし、健康にも良くありません。

 これはダイエットサプリに限らず、どのサプリでも同じだことが言えます。例えば糖の吸収を減らす為のサプリメントがありますが、こんなの飲むより最初から食事からの糖質の摂取を減らす方が効果的なのは言うまでもありません。

[参考記事]
「サプリメントは効果あるのか。 酷いメーカーは選ぶな」

「ビタミンCサプリメントは危険。活性酸素が発生して動脈硬化に」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top