Read Article

広告

食べるダイエット5か月で7.4gの減量に成功した手法とは

広告

 

この記事は20代の女性に書いていただきました。

……..

 私は昔から痩せ形の体型でしたが、中学三年生の頃から少しふっくらしてしまい、「普通の体型」になってしまいました。いくら周りの人から「いつもすごくスタイルが良いよね」って言われても、私からすれば昔よりも肉が付いてしまっているので全然嬉しくありませんし、ただのお世辞にしか聞こえなくなりました。

 何度か食事制限(基本的に食べ物全般を減らす)をして体重を減らしましたが、根性がないので我慢は長続きしないので、食事制限を止めるとすぐに元の体重に戻ってしまいました。

 そんな痩せてはリバウンドしてを何度も何度も繰り返していたとき、フッと思ったことがありました。「元々、食べないダイエットをしているから、余計に食べたくなる。だったら、必要なカロリーを摂りながらダイエットをすれば、後々食べすぎるなんてなくなるのではないか」「食べるダイエットであれば我慢することなく痩せられるのではないか?」と思いました。

 都合のいい考え方ですが、探せば食べながら痩せるダイエットはあるはず。それで見つけたのが「糖質制限ダイエット」です。糖質制限は食べる量を減らすダイエットではないので、私にはピッタリでした。糖質制限ダイエットは数ある減量法の中で珍しい「食べるダイエット」とも言えるでしょう。

私が行った糖質制限ダイエットの手法

 私が行った糖質制限ダイエットはなるべく制限をしたくなかったので、糖質をキツく抜くことはしませんでした。理由は「我慢」をしてしまうと以前の食べないダイエットと同じになってしまうからです。食べ物の量を我慢する、糖質を我慢する、どちらも我慢です。

 そこで、朝と昼は通常通り食べて、夜のみオカズだけ食べるという食生活にして糖質を制限しました。朝と昼は基本、お米を食べていましたが、お茶碗を小サイズに変えました。理由は今までのお茶碗にお米を少しだけ入れると「これしか食べられないのか」と「我慢」を呼び起こしてしまうからです。小さい茶碗にすれば「こんなに食べられるのか」と脳を騙せます。もちろん、お米を減らした分は野菜やオカズで補いました。量は減らさないので、これが食べるダイエットのい神髄ですね。

具体的な食事内容は、
朝:ご飯小茶碗1杯、卵焼き、お味噌汁、海藻サラダ(レタス系)
昼:ご飯小茶碗1杯、海藻サラダ(キャベツ系)、スープ、豚肉系のおかず一品
夜:海藻サラダ(レタス系)、ヨーグルト、刺身
といった感じです。

 全ての食事で心がけたのは、毎食絶対に海藻野菜を摂ることです(海藻がない時もある)。野菜も毎食同じようなものばかりではなくキャベツベースやレタスベースと色々変えて摂取すると、なかなか飽きも来ないし続けることが出来ました。

 間食はする方ではないのですが、どうしても何か食べたくなった時はチーズorナッツ、そして紅茶を飲んで空腹を満たしました。食べないダイエットの時にはオヤツは食べなかったですが、糖質制限は食べるダイエットですので、糖質の少ない食品であればOKです。

 糖質の摂取量を減らしただけで、その他は普段と変わらない食事量だったので、我慢をしないで続けることが出来ました。

始める前と後の変化

 この食べるダイエットを始める前、私は年齢:24歳 、身長:155cm 、体重:53kg 、BMI:22.06 でした。

 食べるダイエットを始めてから5か月で体重:45.6kg 、BMI:18.98 になりました。7.4kgもの体重が減った計算になります。少しずつですが、着実に体重は減っていきました。自分でも体型が変わったのが分かるくらいになるとすごく嬉しくなって、更なるやる気に繋がりました。太ももが減量によって細くなるのって本当に嬉しいものです。

 しかし、BMI的にはもう少しで「低体重」の範囲に入ってしまうので、ここで糖質制限は終了にしました。あんまり、痩せすぎても良くない影響が出る可能性もあるので、一応ここで終わりにして、また太ったら再開しようかと思っています。

食べるダイエットが成功した理由

 食生活を改善するために自炊をするようになったのですが、それが成功の要因だったのではないかと思っています。週の初めに1週間分のメニューを考えてスーパーで買い物をしてしまうので、外食をして糖質の多い食べ物の誘惑に乗ることがありませんでした。外食したら、食べ物が腐ってしまってもったいないと思うからです。

 今まで外食ばかりだったのですが、その節約した分でお肉や魚をいい素材にグレードアップしたので、食費全体の金額は変わりませんでした。肉は抗菌剤とかホルモン剤を使っていない鶏肉を買っていました。2倍はしませんが、1.5倍くらいはするでしょうか。

 食べないダイエットの時にはなるべく食品を買わないように気を付けていましたが、食べるダイエットでは何を食べるのかを考えられるのでスーパーで買い物する時にはストレスがなかったです。

食べるダイエットをして感じたメリット

 食べるダイエットによって、スキニーパンツがかっこよく履けるようになり、前よりも身体のラインは綺麗になったし、良いこと尽くしだったと思います。

 しっかり野菜を食べて夜早く寝るようになってから、お肌の調子もよくなったし身体も前より元気になったと思います。

 また、お肉を食べているのに内臓脂肪が減るなんて不思議でしたが、調べてみると糖質制限を実践していれば脂肪をエネルギーに替える仕組みが活性化するようです。

 皆さんも我慢しない、緩い糖質制限をやってみませんか。

[参考記事]
「糖質制限3か月で7.5kg、散歩3か月で3kg痩せた方法を公開」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top