Read Article

広告

4ヶ月で15kg痩せた手法は運動と昼食のファスティング

広告

 

この記事は20代の男性に書いていただきました。

………

私は26歳(男)ですが、身長177.7cmでダイエット開始時体重は92kgありました(仕事は医療職)。
BMI(体格指数)で計算をすると「肥満度1」の29.13。
適正体重より22.53kgも多いのです。
このように肥満でしたので、健康のためにもダイエットを決意しました。
具体的なダイエット手法は運動と食事制限の2つです。
これらの手法に加え、ダイエットをしたことによるメリットとデメリットを記したいと思います。

①運動について
週3~4日間ジム通いしていました。
今流行りのライザップではありません(笑)
軽いストレッチで準備運動をし、トレッドミル(ベルトコンベア型の健康器具)でウォーキング、ランニング等の軽い有酸素運動を行っていました。
その後レッグプレスやベンチプレス、腹筋等で大きな筋肉を刺激した後に自転車を漕いでいました。
時間は大体1~2時間くらいです。
その後、時間に余裕がある時には、3~5km程度のウォーキングを実施。
ウォーキングに関しては、流行りのスマートフォンアプリを起動しながら行っていました。
歩いた距離が表示され、キャラクターの獲得にも繋がるためあまり苦ではなく、むしろ楽しむことができました。

また、仕事は医療職でデスクワークではないため、仕事中の運動量も比較的多い方です。

②食事について
元々の食生活がかなり乱れており、朝は食べずに昼は菓子パン、夜はドカ食いというスタイルでした。
夜は一度に白米2合(炊きあがりで330g)を食べたりしていました。
お米は糖質が多いので、恐らく私が太った原因の半分がお米だと思います。
後の半分は菓子パンですが、これも当然糖質が多いです。
ダイエットを開始してからは、まず朝食を食べることを意識しました。
メニューに関しては味噌や納豆、ヨーグルトなどの発酵食品、そして焼き魚、豆腐、野菜サラダなど日本食を意識して食べていました。
そして、今までの習慣であるドカ食いを止めて、お米を1合と決めて食べ過ぎないようにしました。
仕事終わりでジムに行くことが多く、夕食は運動直後ということもあり、食べ過ぎは自然になくなりました。
そして、お昼ご飯を抜いて、プチ断食(ファスティング)をしていました。
タモリさんやガクトさんは1日1回しか食事をしないと聞いて、これを少しだけ真似をしてみました。
やってみると、特に問題なく続けることが出来ました。
ただ、飲酒はそれなりにしていましたし、飲み会にも月2回程度参加していました。
お酒はビール、日本酒、ワインを好んで飲んでいましたが、これらは糖質が多いので禁止したかったのですが、それだけは出来ませんでした。

・具体的な食事内容
朝:米1合、味噌汁、おかず1~2品(納豆、焼き魚等)、ヨーグルト、野菜サラダ
昼:なし
夕:米1合、味噌汁、おかず1~2品(お惣菜、冷凍食品等)、野菜サラダ

③ダイエットの結果
平成28年7月~10月の4ヶ月間で92kg→77kgの15kgダイエットに成功しました。
BMIは24.38になり
「普通体重」に戻りましたが、まだ適正体重よりも7.53kg多いので、この分を年内には減らしたいと考えています。
これだけ痩せたのは規則正しい食生活とお昼ファスティングに加えて、運動で基礎代謝が高まったお蔭
と自己分析しています。
また、発酵食品や野菜サラダを食べるようになってから、便秘が解消しました。
お腹に便が溜まらなくなってから体調が良くなり、これも体重減に貢献していると思っています。

④ダイエットが成功した要因
明確な期間や目標を設定していなかったため、自分のペースで無理なく実施できた、ということが大きいかもしれません。
ダイエットのモチベーションとしては3つほどあり、
1つ目は健康診断の結果があまり良くなく少しでも健康になりたいということ、
2つ目は秋冬に向けて以前着ていた服をまた着たいということ、
そして3つ目は、痩せたら今よりは女性からの好感度も上がるだろうという不純なものでした(笑)

また、元々かなり太っていたため見た目の変化が分かりやすく、周囲からの「痩せたね」という声もモチベーションの維持に繋がっていたように思います。

⑤ダイエットをしたことによるメリット
これはいくつかあります。
① 体が軽くなり、運動時に腰痛が出なくなった
② 以前着ていた服が着られるようになった
③ 仕事中の階段昇降が楽になった
④ 胃が小さくなり、日常の食事量が減った
⑤ 女性から外見を褒められた(笑)
健康診断に関してはまだ受けていないため、内面的に健康になっているかはまだ分かりませんが、血圧測定値の低下もみられており、ダイエット前に比べると数値は改善していると思います。

⑥ダイエットをしたことによるデメリット
これといったデメリットはありませんが、強いて挙げるならば、ダイエット期間中はなんとなく飲み会等を心から楽しめなかったような気がします。
食べ過ぎかなあ、飲み過ぎかなあ、なんて思いつつ参加していました。
まあ、その程度です。

⑦まとめ
私が実践したダイエットは、前述の通り運動と食事制限が中心でした。
特に食事に関しては、制限といっても『食べすぎない』というものであったため、栄養バランス等メニューを考慮すれば更なる効果が期待できたかもしれません。
しかし、無理のない範囲で続けるためには、自分にあったスタイルを見つけることが大事であると感じました。

[参考記事]
「糖質制限で15キロ減。ポイントはゼリー、卵、炭酸水、運動」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top