Read Article

広告

食べる量を制限しないで糖質制限をし、1か月に6キロ減

  

この記事は40代の女性に書いていただきました。

……………..

 ダイエットといえばツライ・・・我慢・ストレスが溜まる。そんなイメージが強いのは私だけでしょうか?痩せたい・・・でも、食べたい・・・そんな矛盾を抱える人も多いはず!そこで、私が試した1か月で6キロ減らした『食べる量を制限しないで糖質制限をするダイエット』を紹介します。

広告

糖質制限ダイエットをしようと思ったのは・・・

 妊娠を機に太り、『痩せなくちゃ〜』と思いながらも、ダラダラときっかけが無いままに過ごしていました。明日から、明日から、と月日は流れ、気づくと身長160センチに対して、体重は70キロに。標準よりも14キロも重い体重に。

 ダイエットを始めたきっかけは、久々に、同級生たちと集まろう!という事になり、プチ同窓会に行った時のこと・・・。私もある程度気合を入れて行ったのですが・・・みんなに再会して愕然。素敵な洋服を着こなし、素敵な大人の女性に。独身の娘もいましたが、結婚して子供を持った同じ状況の女性たちでさえ、小綺麗にスラッと素敵な女性に!『ヤバい!これは痩せて綺麗にならねば!』と焦ったことで、ダイエットがスタートしました。

糖質制限しながら行ったダイエット方法

 とにかく我慢が苦手の私が行ったのは、食べる量を制限しないで糖質制限する方法でした。
 
[朝食]
 好きなものを食べる!ご飯もパンもOK!私は朝からカレーやパスタなど食べたいものを食べていました。ただし、菓子パンだけは1個では済まなくなるため控えていました。

[昼食]
 玉こんにゃくの煮物(主食がわり)
 温野菜のサラダ
 ワカメのスープ

[夕食]  
 野菜スープ(セロリ・玉ねぎ・人参・トマト・ピーマン・生姜・鶏肉)
 コンニャクの辛煮
 ササミとキュウリの酢和え
 
 朝に好きなものを食べることで、昼食、夕食での糖質制限があまり苦にならずに行えました。朝は活動をし始める時間ですので、即効性のある炭水化物を摂ろうと考えました。夜は寝るだけですので、エネルギーの消費は少ないです。ですので、野菜中心のメニューにしました。

糖質制限をやってみて

 ツライと思っていた糖質制限ダイエットも、やってみると意外にそうでもなくストレスなく行うことができました。上記にも書きましたが、朝食には好きなものを食べられますし、昼食、夕食も糖質こそ摂れませんが、お肉や野菜でお腹いっぱいに食べられます。食べながら痩せていくので、次はどんなメニューにしようかと考えるのも楽しかったです。

 オススメの食材はコンニャクです。噛み応えもあって、満腹感を得られやすかったのでオススメです。コンニャクの糖質はお肉やお魚と同じくらいの極微量ですので、糖質量は気にせずに済みます。

1ヶ月糖質制限をしてみた結果

1週間目   3キロ減
2週間目   1キロ減
3週間目   1キロ減
4週間目   1キロ減

 トータルで1か月に6キロ減のダイエットに成功しました(70キロ→64キロ)。「たった、1キロ痩せればいい」と最初は思っていましたが、なんと6キロも。1キロ減って行くごとに、体が軽くなって行くのが実感できました。6キロ減った頃には、普段の生活も軽々できるようになった気がします。

まとめ

 糖質制限ダイエットは私の、『ダイエットはツライ!』という考えを変えてくれました。食べる量を制限しないという点では、ストレスが少なく行えるダイエット方法です。こんにゃくや野菜、海藻などの食品を多く取るため、便秘も解消され、お肌の調子も良くなり、一石二鳥だと感じました。現在も、昼食と夕食を調整しながら続行中です。

 あまりハードなダイエットはちょっと・・・という方にオススメのダイエット方法です。

[参考記事]
「糖質制限ダイエットを始めたきっかけは機能性低血糖」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top