Read Article

広告

糖質制限とジョギング&筋トレ2カ月で10kg減を達成

 

この記事は30代の男性に書いていただきました。

………….

広告

・決意のきっかけ

 私は36歳の会社員(男)です。元々、若い頃はスポーツが好きで筋肉質なやせ型でした。しかし、4年ほど前に今の職場に転職して以来デスクワークが多くなり、めっきり運動からも遠のいていました。

 ダイエットを決意したきっかけは、今から半年ほど前にお風呂上りに鏡で自分の体を何気なく見たときでした。特にお腹回りの脂肪にびっくりし、あわててほこりをかぶっていた体重計を取り出して測定。その時身長168cmに対して体重は68kgでした。転職時の4年前から丁度10kg増えており、その日から直ぐにダイエットに取り組む事を決意しました。

・実際の取り組み

 まずは、食事の見直しから始めました。それは今流行りの糖質制限です。

 それまで好きな物を好きなだけ食べていた夕食はキャベツの千切りに鶏のささ身をほぐして乗せたサラダと豆腐or納豆、それに小ぶりの茶碗に白米を1杯、具体的には100g程度です。

 昼食はローソンで買ってきたブランパンに卵を挟んだものとヨーグルトです。ブランパンの糖質は1つ当たりの糖質は2.2gで、なんと食物繊維は 5.7g入っています。食物繊維は1日に20gほど必要なので、パンだけでかなり摂取することができます。卵の糖質も1個当たり0.2gですので、かなり少ないです。
 また、これでは体が持たないので、これまでに摂る習慣が無かった朝食を摂り始めました。朝食は鶏肉200gくらいをフライパンで焼いて、味付けは醤油か塩です。そして、後は野菜サラダ。

 外食時は「おかずのみ」を食べていました。飲み屋に行くときには焼き鳥と焼酎(焼酎は糖質が入っていないので)、そしてファミレスではステーキのみといったメニューです。また、仕事の打ち合わせなどでお弁当などを出された時は失礼のないようにこっそりご飯だけ残していました。

 以上の糖質制限食を2か月間続けました。

運動も始める

 同時に始めたのが運動です。週に20kmと目標を定めて、隔日で平日は40分間5kmを、休日は60分10kmを目安にジョギングをしました。私は長距離を走る事は苦手ですが、コンプレッションウェア(圧力がかかるウェア)やシューズ等を新調して走る義務感を自分で煽りました。また、ジョギング中に音楽を聴いているとあまり苦痛を感じなかったので様々なジャンルの曲をかけながら走っていました。

 ジョギングをしない日は近くのジムへ行き筋トレを30分程行っていました。私が食べていた糖質制限食はタンパク質が多めなので、筋肥大が望めますが、さらにはプロテインも飲んでいました。

 ジョギングや筋トレ後は吸収の早い動物性たんぱく質であるホエイプロテイン、就寝前は寝ている間の吸収時間の遅い大豆由来のソイプロテインを牛乳で割って飲んでいました。プロテインは常に2種類ずつの味を揃えて飽きないように気を付けていました。

ダイエット結果

 糖質制限とジョギングと筋トレを続けた結果、2カ月で10kg減の58kgになりました。

 周囲の人からも驚かれましたが服のサイズなどがことごとく合わなくなってしまい苦労しました。今では極端な糖質制限はしていませんが体重は微増に留まっています。リバウンドしない理由はおそらく筋肉がついて基礎代謝が増えたことが要因だと思います

 運動+ジョギングと筋トレの組み合わせはリバウンドしたくない人にはお勧めです。今では周りの人でダイエットを始める人がいるとそのようにアドバイスをしています。

[参考記事]
「糖質制限で5㎏痩せたことで倦怠感や片頭痛から解放」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top