Read Article

広告

食べる順番ダイエットで6キロ減。メリットとデメリットを解説します

この記事は50代の女性に書いていただきました。

……….

 私が初めてのダイエットに取り組み始めたのは、三人目の子供を出産してしばらく経ってからのことでした。上の二人の子供の出産時は、二十代半ばだったことから、すぐに体重は元に戻ったのですが、三人目は四十代直前だったので、なかなか厳しいものがありました。

広告

食べる順番ダイエット

 これは早くなんとかしなければと焦りながらも、何かを我慢する系のダイエットは気が重い、さてどうしたものかと迷っていた日々。そんな時に出会ったのが食べる順番ダイエットでした。

 ネットサーフィンをしながらたまたま見つけた方法でしたが、食べる順番を意識することがダイエットに効くとは初耳だったにも関わらず、私にはピンとくるものがありました。

 それはなぜかというと、自分の子供が無意識にこのダイエット法と同じ食べ方をしており、とても理想的な体形だったからです。糖質が急激に上がらないようにご飯を最後に食べるというのが、このダイエットの肝なのですが、我が子もいつも最後はご飯でした。

 何度もご飯とおかずを交互に食べるようにと、口を酸っぱくして言い含めていた母親としての自分。しかし何度も注意していたその食べ方が、ダイエットに繋がっていたとは、本当に驚きでした。

「だから運動をしてなくても、あの子はスマートなのか」

 妙に納得した私は、さっそくこの方法を始めることにしました。順番としては、お味噌汁、スープなど水分の多いものから食べ始め、次は野菜。煮物、揚げ物、炒め物など調理法は問いません。勿論生野菜のサラダも大丈夫です。

 次はお肉や魚等のたんぱく質。といっても野菜とタンパク質の食材が一緒の料理ってたくさんあります。例えば茄子のしぎ焼きなど、野菜にお肉からの味をしみこませるようなメニュー。そのような場合は、同じ一皿ではありますが、意識して野菜を先に食べてから、たんぱく質に移ります。

 そして最後にご飯等の炭水化物を食べてフィニッシュです。ラーメン等の場合は、先にキャベツ、焼き豚などの具を順番に食べてから、麺を食べることになります。

食べる順番ダイエットのメリット、デメリット

 このダイエットでしっくりこなかったのが、麺類の料理を食べる時のことです。具から先に食べるということは、麺が伸びるのを我慢しないといけないわけで、これは作った側からすると茹でたてがいいのに、と言いたくなるところです。

 食にこだわりがあるタイプではありませんが、これはさすがに美味しくない。ということで、麺類の時は厳格にルールを運用するのは無しにする、という対応をしました。

 もう一つ困ったのは、おかずだけ食べる、ご飯だけ食べるという部分が、初めはなかなか大変だったことです。日本食の特徴として、ご飯がすすむようおかずはある程度しっかり味がついているのが常ですが、おかずだけ食べるとなるとその味の濃さが苦痛になってきます。

「おかずだけ食べるのは、なかなか辛い。ご飯と一緒なら気にならなかったが、結構味がついてる」

って気づきました。

 すると徐々に単体で食べることを考慮するようになり、おかずの味を自然と薄くする習慣がついてきたのです。減塩は心掛けていたつもりですが、きっかけがなく真剣に取り組む機会がありませんでしたが、食べる順番ダイエットがきっかけになるとは全くの予想外でした。

 そのようにして続けていった食べる順番ダイエットでしたが、意外な結末を迎えることとなりました。それはなんと、結局お米などの炭水化物を食べない習慣が身についたのです。おかずの味は薄くできても、ご飯だけもくもくと食べるのはどうにも受け入れがたい。そんな気持ちが、いつの間にか食べる順番ダイエットから、糖質制限ダイエットという形になっていったのです。

 けれども体力がもたないので、ご飯抜きは夜だけにして、昼はしっかりと食べるよう意識して過ごしていました。

体重の変化は?

 こうしてこのダイエットに取り組んだのですが、どのぐらい痩せたかというと、結果は半年で6キロでした。出産後58キロだった私ですが、マイナス6キロで52キロに。

 これをどう見るかですが、身長から考えると160センチの私の場合、適正体重は約56キロでこれは完全にクリアできました。美容体重は約51キロですので、こちらはあと一歩といったところでしょうか。

 当時は40代前半で、それ以来この食生活を続けていますが、今思えばそれなりに結果を出すことができたので、自分としては満足しています。

 現在の年齢はすでに50代で、モデル体重を目標にすることは完全に諦めていますが、現状維持ができているのは、太りにくい食習慣のお蔭だと思っています。

〇ダイエットに成功したわけは?

 やはり身近に成功例である家族がいたことです。子どもとは年齢が離れてはいますが、親子ですので体質は似ているのではないかと思っていました。

 あと実はもう一つ、途中から体幹トレーニングを組み合わせたのもよかったと考えています。

 ただしこの食べる順番ダイエットは、それぞれの量の割合が適切であるというのが大前提ですので、そこは始める前に計画すべき部分です。元々野菜1、お肉3、ご飯6のような間違った比率で食べている人は、順番を変えてもあまり効果がないと思います。

 知人でやってみたが失敗したという人がいたので、食事内容を聞いたところ、そもそも野菜嫌いで米ばかり食べているという食生活でした。

 偏食のある方には、向かないところもありますが、ここは意識して変えるしかありません。そうすれば痩せるし、健康的にもプラスです。

カロリー制限のように量を減らす訳ではないので、挫折する可能性は低いかと思います。

[参考記事]
「プチ糖質制限4カ月で10キロ減量。食べる順番や発酵食品も活用」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top