Read Article

広告

プロテインダイエット+軽いスクワットで体重も体脂肪も落とせた理由

 この記事は20代の女性に、プロテインダイエットを中心に書いていただきました。

…………..

 私は運動が嫌いです。開口一番やる気のない発言ですが、私のダイエット方法はすべてこの運動嫌いに基づいて行われてきました。それゆえ、これまで何度か行ってきたダイエットの数々のほとんどが食事に関わるものとなっています。

 まずダイエットをするうえで認識していきたいのが、自分が目標をする体重・体脂肪・体型がどのくらいのものなのかということです。BMIから判断して肥満体重の方が標準体重までダイエットをするのと、鏡を見て、太ももの太さを自分の理想の太さへを変えるのとでは、ダイエット方法も期間も全く異なります。

 私はダイエットを始めようと思ったとき、年齢が24歳、身長が160cm、体重は50kg、体脂肪率は22%でした。BMIを基準として見ると太っているとは言えず、体脂肪も成人女性としては痩せぎみに入っているはずでしたが、鏡を見てみると、どうにもずんぐりとして見えるのが悩みでした。メリハリがなかったのです。数値を見せられても納得できないのが人間というもので、私も例に外れず痩せたいと思っていました。

 そこで私は、食事制限をすることを思いつき、ダイエットを試みたのです。

広告

食事量を減らしてみるダイエット

 まずは単純に、食事量を減らしてみるダイエットを試みてみました。一番初めにやったダイエットにして、一番期間が短かったダイエットです。結果、5日目で風邪気味になったため中止しました。

<食事メニュー>
 朝:食欲がないため抜き

 昼:弁当(手作り)を半量にして食べていました

 夜:ご飯茶碗半分のお米、おかずも半分、味噌汁、サラダ

 量を減らす代わりに野菜をつけるなどしましたが、やはりお腹がどうしても空いてしまい、集中力がなくなってしまったように感じます。

 また、1日目の翌朝は急激に体重が減っていたことに驚きましたが、4日目にもなると減り幅がほとんどなくなりました。おそらく1日目はむくみが取れて水分が減っただけだと感じました。

 食べないダイエットは体力や免疫力が下がってしまうので、急激な食事量の調整は危険を伴うと感じました。

結果は

<体重48kg(前回ダイエット終了時より2キロ減)>
<体脂肪率20%(前回ダイエット終了時より2%減)>

 そして風邪が治ったのち、無理なダイエットによるストレスからか食欲が増し、体重はダイエット開始時よりも増えてしまいました。

<体重50.5kg(前回ダイエット終了時より2.5キロ増)>
<体脂肪率22%(前回ダイエット終了時より2%増減)>

酵素ドリンクダイエット

 次に置き換えることでダイエットにもなり、美肌効果も期待できるという酵素ドリンクダイエットも行いました。

 酵素ドリンクといっても、断食をするものではなく、1日1食置き換えたり、1日の食事に加えたりすることによって、不足しがちな栄養を摂り入れるというものでした。私はよりダイエット効果を得たかったため、ついカロリーを摂ってしまいがちな夕食を置き換えることにしました。

<食事メニュー>
 朝:パンなどの軽食、お茶

 昼:基本的には弁当(手作り)。野菜多めを心がけ、ゆで野菜などを入れていました。週に2度ほどコンビニで弁当やパンなどを買って食べていました

 夜:酵素ドリンクのみ※炭酸水で割り、ゆっくりと飲んでいました

 このダイエットは最初の食事量を減らすという無茶なダイエットよりも続き、買った酵素ドリンクを1本飲みきるまで(約2週間)続きました。

<体重48.7kg(前回ダイエット終了時より1.8キロ減)>
<体脂肪率20.4%(前回ダイエット終了時より1.6%減)>
 
 酵素ドリンクを飲み始めて驚いたことは2つあり、まず、お通じがよくなったこと。これは酵素の働きで腸が活発になったものと思われますが、もうひとつは体脂肪が減ったことです。特に運動をしていないにも関わらずに体脂肪が減ったので、酵素は代謝を良くする効果もあるようです。

 ですが、この酵素ドリンクのダイエットにもデメリットはありました。まず気軽にコンビニなどで1食分買うことができないということです。忙しいときや、気が向いた時などにぱっと買うことができないので、計画を立ててやらないと続けにくかったかもしれません。

 また、私は酵素ドリンクを選ぶ際に飲みやすさを重視しましたが、それでもやはりジュースとは異なる酸味を感じました。健康食品なのだから当然なのですが、それを苦手とするならば続きませんし、当然フルーツ味ばかりでは飽きが来てしまいます。

 1本飲みきることはできましたし、食事にもう一品として付随することはできそうでしたが、ずっと置き換え続けることは無理なように感じました。従来甘いものが大好きな私は、お菓子が食べたくて仕方がなくなり、次の置き換え食材を探し始めました。

プロテインダイエット+軽いスクワット

 「プロティンダイエット+軽いスクワット」が私が一番成功したダイエットです。前回までのダイエットで甘いものが食べたくなった私は、プロテインを使っての置き換えを始めることにしました。

 使ったプロテインは、ホエイ(乳清)ではなく、ソイ(大豆)のプロテインで、これは筋肉を大きくするのではなく、減量をするのに向いているようです。

 選んだ味はココア味で、牛乳に溶かして飲むと、とてもまろやかで、普通のミルクココアと遜色ない味わいでとても好みの味でした。これなら続けられると思いましたし、洋菓子好きの私にとってはむしろおやつ感覚で飲めそうでした。

 これも酵素ドリンクと同じく夕食と置き換える他、あまりにも美味しかったため、昼食にも追加で摂ることにしました。

<食事メニュー>
 朝:おにぎり、味噌汁

 昼:基本的には弁当(手作りで半量)とプロテイン。週に2度ほどコンビニで弁当やパンなどを買って食べていました。

 夜:プロテイン

 朝は今までバターを塗ったトーストや菓子パンなどにしていたのですが、ここでそれをおにぎりに変え、身体を温めるために味噌汁を追加しました。具はシンプルにわかめですが、わかめにはお通じをよくする効果があるので、ダイエットに向いていると期待しての朝食メニューでした。

 昼は変わらず野菜多めの手作りのお弁当にプロテインを追加。そして夕食は完全にプロテインで置き換えました。

 そして今回は、食事制限だけによるマンネリ化を防ぐために、軽い筋肉トレーニングを交えてダイエットを進めることにしました。行ったトレーニングはスクワットです。深く深呼吸をしながら15回スクワットをするだけの簡単なもので、お風呂上りなどの血の巡りが良くなっているときに行い、水分も併せて摂るようにしました。

 テレビを観ながらでも簡単にできるトレーニングなので、運動嫌いな私にぴったりで、プロテインと同じくこれも続けることができました。職場での会食や家族との外食を挟みつつも、この食生活を2~3週間続けました。

結果は

<体重46.8kg(前回ダイエット終了時より1.9キロ減)>
<体脂肪率18.4%(前回ダイエット終了時より2%増減)>

 プロテインダイエットのメリットは、やはり体が引き締まることです。これは併せて行っていたスクワットの影響も大きいと思いますが、お腹・おしり・太ももが引き締まり、体重よりも痩せて見えるようになりました。実際に体脂肪率も、食事量を減らすダイエットや酵素ドリンクダイエットをしたときよりも減っていました。

 また、プロテインダイエットのメリットは他にもあり、ソイプロテインの大豆成分により、肌荒れがよくなったのです。酵素ドリンクダイエットの時も美肌効果は多少ありましたが、私にとっては、こちらのほうが効果的なように感じました。

 そしてスクワットのとき、姿勢を意識してトレーニングを行うため、肩こりなどが多少緩和されました。リラックス効果はもちろん個人差がありますが、身体を動かすことによってより健康的になれるので、ダイエットに多少の運動はつきものなのだと実感しました。

 しかしプロテインダイエットもまたデメリットがあり、酵素ドリンクと同様、置き換えダイエットという位置づけのダイエットですので、気軽に買えない食材である以上、買う手間や作る手間があります。また。それほど安いとは言えないものなので、飲みきらないと勿体ないかもしれません。

何種類かのダイエットを試してみて

以上のダイエットの結果をまとめると

<スタート時 体重50kg→現46.8kg・・・3.2kg減>

<スタート時 体脂肪率22%→減18.4%・・・3.6%減>

 私にとって一番合ったのは【プロテインダイエット&軽いスクワット】でした。何よりも良いと思えた点は、甘いものを口にできる点です。ダイエットの成功の秘訣は、自分が一番ストレスを軽減できるものを見つけることだと思います。

 体を動かすことが大好きな人にとっては、運動をしてダイエットをすることがダイエット成功の秘訣ですし、料理好きな人にとっては、栄養素を勉強し野菜たっぷりの料理を作ってダイエットをすることがダイエット成功の秘訣かもしれません。

 私にとっては、プロテインのココア味がものすごく好みの味だったため、それが毎日の息抜きになっていたようです。

 そしてスクワットもまた、モチベーションを維持する秘訣でして、これはあくまで自己暗示の領域なのですが、プロテイン&スクワットという行動自体が、「私はダイエットを頑張っている」という前向きな気持ちに繋がっていたようです。そういったプラスな気持ちの働きも、ダイエットをする上では大事になってくるのではないかと思います。

 自分の体質・性格を理解した上で、これからも楽しくダイエットを続けていきたいと思います。

[参考記事]
「私が17キロ痩せたのはプールとプロテインのお陰。きっかけは1冊の本」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top