Read Article

広告

私はレコーディングダイエットを糖質制限と組み合わせて実践

広告

 

 ダイエットを成功させるためにはお金をかけなければ、難しいのでしょうか?

 置き換え食品、酵素ダイエット、スポーツジムなどお金をかけて成功するダイエット広告がインターネットでは氾濫しています。でも、その金額たるや、ギャフンとびっくりする金額!

 就職して、婚活、その後めでたく結婚したら、マイフォーム資金、子供の教育資金など、生きていくためにはお金が必要で、なんで身体についた脂肪を取るためにお金をかけなければいけないか?とその理不尽さに首をかしげてしまいます。

 そこで私がお勧めするのが「レコーディングダイエット」。記録するだけで痩せられるという画期的なダイエット法なのです。

レコーディングダイエットのメリット1

 レコーディングダイエットのレコーディングとは英語ではrecordにingが付いた単語です。recordは「記録」ですので、ingがついて「記録する」という意味です。

 ですので、ノートに朝昼晩、(おやつも)何を食べたのか、そして摂取カロリー数、毎日の体重と体脂肪を記録します。適正な摂取カロリー数を知るためには自分の一日のエネルギー消費量を知ることが必要です。

 一日のエネルギー消費量の計算は「Slism」というサイトで簡単にできます。私の場合、基礎代謝量が1527.8kcalで、一日のカロリー消費量が2673.7kcalです。

 基礎代謝量は寝てていても消費されるエネルギーのことで、簡単に言うと心臓などの臓器を動かす為に最低限消費されるエネルギーです。また、人は寝ているだけではなく、仕事をしたり、家事をしなければいけませんが、その為に消費されるエネルギーも含めたものが一日のカロリー消費量です。ですので、基本的には消費カロリーよりも摂取カロリーが少なければ痩せます。

 レコーディングダイエットは自分が何をどれだけ食べたかを記入することにより、摂取カロリーの増減を把握することが可能になります。痩せない場合には答えがノートに書かれているので、探し出すことは容易です。

レコーディングダイエットのメリット2

 ノートに食事のカロリー数を記入しておくと、一日の総カロリーの増減も分かるので、痩せない場合には「カロリーが高い食べ物を食べていないか」を探したり、それを探し出したら、それを何かカロリーが低い食材と交換できないかを考えることも可能になります。つまり、今流行りの「置き換えダイエット」と同じ事ができるのです。

 置き換えダイエットは通常、1食全てをスムージーなどに置き換えて食べるダイエット法ですが、レコーディングダイエットの場合にはメニューの中の1品レベルで食品を置き換えることが可能になります。これは記録を付けているから出来ることであって、言ってみれば完全オリジナルな置き換えダイエットです。

レコーディングダイエットのメリット3

 先ほどはカロリーベースでの説明をしましたが、今流行りの糖質制限ダイエットを実践している場合には糖質量を書き込んでもいいです。

 糖質制限は1日最大で糖質を140gまで摂れるのですが、ノートに1日の朝昼晩のメニューの糖質量を書いていけば把握しやすくなります。
例えば
お米100g(糖質量36.8g)
牛サーロイン肉  100g(糖質量0.4g)
……
……
などと書き込んでいけば1日140gを超えていないかが一目で分かります。

 実は私は糖質制限ダイエットとレコーディングダイエットを組み合わせて、ダイエットを実践しています。どうも痩せないなと思った時には何か糖質が多い食品を食べていないかを確かめることが出来るので、すごく重宝しています。

 まだ糖質制限は3か月しかやっていませんが、食品の糖質量を紙に書いているお陰で、どの食品にどれだけの糖質量が含まれているのかをほぼ把握しています。体重は3か月で4キロ減とまずまずの結果を残すことができました。

まとめ

 今はレコーディングダイエット専用アプリもありますので、ノートに記入するのが面倒な方はアプリで管理するといいです。記録が習慣になると面白くなり、ほぼ成功に近づいたと言っていいでしょう。

 記録するのが面倒臭いという方には難しいでしょうが、お金をかけたくない人にはレコーディングダイエットと糖質制限の組み合わせはお勧めです。

 自分で自分の身体を知って、セルフプロデュース出来るレコーディングダイエット。ジムなどに余計なダイエットグッズを買わずとも、浮かしたお金で洋服を買ったり、旅行を楽しんだりといろんなこともさらに可能となります。素晴らしいボディを手に入れ、人生を謳歌してください。

[参考記事]
「糖質制限ダイエットで11キロ痩せたメニュー。デザートも我慢せず」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top