Read Article

広告

ウォーキングとカーヴィーダンスで半年で15キロ痩せました

広告

 

この記事は20代の男性に書いていただきました。

……..

 大学2年の冬、大学生活にも慣れて、大学生活を楽しんでいました。ところが、正月に帰省し地元で久しぶりに会った友達に「どうしたの?そんなに太って。顔もまん丸くなって」と言われてしまい、実家に帰って体重計に乗ったらビックリ、体重が70キロ近くありました。身長は164センチで、高校の時は58キロくらいをキープしていました。

 これではいけないと思い、ダイエットを決意しましたが、文系男子の自分、運動することはそんなに得意ではないです。食べることが大好きで、基本的な食事内容は、朝はご飯、みそ汁、おかず。お昼は大学で学食を食べたり、コンビニで自分で買ったりしていて、夜もご飯、主菜、副菜、スープといった普通な感じでしたが、ダイエットに関して食生活を変えようとは思いませんでした。なので、食事制限もそんなにしたくないと思っていました。

 そんな甘ったれな自分ですが、2つのダイエットに挑戦してみました。それはウォーキングとカーヴィーダンスです。その結果、半年程で、70キロから55キロ、15キロのダイエットに成功しました。それでは、どのような方法で15キロのダイエットに成功したか紹介したいと思います。

毎日、1時間程度のウォーキングをする

 まず、1番に考えたことは、有酸素運動をして、脂肪を落とすことです。でも、運動が得意ではないし、激しい運動をするのはあまり好きではないので、どうしようかと考えました。そんな時、友人が少し前に、「飲み会のときは、自分の駅の一駅前で降りて、そこから歩いて帰る」と話していたのを思い出し、自分もウォーキングにチャレンジすることにしました。

 平日は、学校、サークル、アルバイト。休日は、バイトや遊び。ほぼ毎日、電車には乗っていたので、帰り道は、自分の最寄り駅より前に降りて歩くことにしました。一駅前だと30分くらいで自分の家に着いてしまうので、1時間くらいかかる二駅前から歩いて帰ることにしました。毎日、続けなければ意味がないと思っていたので、余程の事が無い限り、雨の日でも二駅前に降りて歩いて帰るようにしました。

 最初は、1時間程度歩く事は、少し大変でしたが、直ぐに歩く事にも慣れて、スマホで音楽を聴きながら歩く事は、気分転換にもなり、歩く事が次第に楽しくなりました。体重計に乗ると、確実に体重が減っていったので、「もっと体重を減らしてやろう」とやる気になって、時間があって余裕がある時は帰りだけではなく、行きでも二駅分歩いたりしました。

 ウォーキングを生活に中に取り入れると、「身体が軽くなった」と歩いているときに感じることが出来るので、ダイエットが楽しく行えました。

カーヴィーダンスを毎日必ず行う

 ウォーキングで有酸素運動をするだけではなく、少しは筋トレをして筋肉も付けなくてはいけないと感じていました。ちょうどそのとき、TRFのダンスエクササイズのDVDや、カーヴィーダンスが流行っていたので、毎日10分の簡単な運動だけでいいということで、自分はカーヴィーダンスをやってみることにしました。


 これも毎日、継続しないと意味がないので、基本的に夜寝る前か、お風呂に入る前にカーヴィーダンスをする事にしました。ダンスの内容は、激しいものではなく簡単で、DVDを見て直ぐに真似できるものでした。身体全体を動かすのですが、自分は特にお腹周りに効くなと感じていて、1回やるだけで身体の引き締まりを感じました。カーヴィーダンスに関しては、余裕があるときは、朝出かける前にも、プラスしてやるようにしました。

結果は

 ウォーキングとカーヴィーダンスの2つで、半年程で、15キロも落とすことができました。15キロも痩せると、顔の大きさがまず違いますし、身体も軽いです。それに、ウォーキングやエクササイズで体力もつき、疲れにくくなったように感じました。

 このダイエットで成功した大きな要因は、毎日継続して行ったことだと思います。ダイエットはやはり毎日継続してやらないと効果はないと思います。歩く事もエクササイズすることも自分にとっては苦ではなかったから続けられました。効果が出てくると、ダイエットが楽しくなり、「今日はお昼、1品減らしてみようかな?」などと意識的にも変化が出てきました。楽しくダイエットが続けられるとダイエットが成功する確率はグッとあがるのではないかと思いました。

[参考記事]
「肝臓の数値が悪くウォーキングと糖質制限を開始。15キロ減へ」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top