Read Article

広告

3日間のバナナ+スムージーダイエットで3キロ痩せたメニュー

この記事は20代の女性に、バナナ+スムージーダイエットの体験を書いていただきました。

 私は一年前に、飲み物とバナナだけを三日間食べるダイエットをしました。その頃私は24歳で、カナダのトロントで仕事をしていました。

 初めての海外の仕事で言葉があまり通じなかったり、いろいろなストレスが溜まってしまい、カナダの甘いお菓子を大量に食べる期間がありました。

 そのため出国前に180センチで68キロだった体重が、73キロになり5キロも増えてしまったのです。顔はパンパンで、お腹はたるんでしまいました。

 これはいけないと思い、ダイエット雑誌を購入しました。そこには基本飲み物だけを飲み、たまにバナナを食べるというダイエットが方法が書かれていました。期間は3日間だけです。

 私は過去に飲み物だけ(主にスムージーやコンブチャ)のダイエットを行い、失敗した経験がありました。飲み物だけで三日間過ごすのは、ものすごく辛かったからです。

 しかし今回のダイエットはバナナを少しなら食べてもいいというダイエットだったので、これなら私でもできると思い、早速やってみました。

広告

バナナ+スムージーダイエットの朝昼晩の食事メニュー

朝→バナナ(半分)、スムージー(グリーン、イエロー系の野菜中心、レモン果汁を少し)

昼→コンブチャ、バナナ(半分)

夜→酵素ドリンク

 『朝は「排泄」を促すことが大切だ』ということが、ダイエット本に書いてあったので食物繊維たっぷりの野菜中心のスムージーを摂りました。

 昼は発酵飲料の「コンブチャ」そして朝に食べたバナナのもう半分を食べました。コンブチャはコスパが良く、かなりお腹を満たしてくれたのでこのダイエットには最適の飲み物だなと感じました。

 夜はお腹を休める時間が必要ということで、「酵素ドリンク」のみを飲みました。ここで注意したいのが、安価なドリンクにはダイエットに適さない余計な成分が入っている可能性が高いということです。白砂糖や添加物などが入っている場合があるので、値段は少し張るけれども原料にこだわっているものを選びましょう。

 基本的にはこのメニューで3日間過ごしましたのですが、必ずお腹が空いてしまう時間があるので、その時は携帯している「ミネラルウォーター」か「ハーブティー」を飲んでお腹を満たしました。「ハーブティー」には精神をリラックスさせる効果があるので、お腹がすくイライラを緩和してくれました。

バナナ+スムージーダイエットのメリット/デメリット

メリット
・無理なく痩せられる
・肌が綺麗になった

デメリット
・最初の1日は空腹感が強い
・運動ができない

 メリットとしては2つあり、1つ目は「無理なく痩せられること」です。バナナ1本分ですが、少しでも食べ物を入れられる点がものすごく助かりました。

 2つ目が、肌が綺麗になりました。野菜とバナナの組合せにより排泄が毎日スムーズにできるようになったおかげで、肌がツルツルになりました。

 デメリットは、「初日は空腹感が強いこと」です。とにかくグルグルとお腹がいつも鳴っていて、何かを食べたい衝動が強く、その日は仕事の集中力を少し欠きました。

 最後のデメリットは、「運動ができないこと」です。栄養摂取量が少ないので、運動をしてしまうとフラッとするのでその期間はストップしました。しかし、仕事や買い物に行ったり普段の生活には何も支障はありませんでした。

ダイエットの結果と成功要因

 たったの3日間ですが、73キロから70キロまで痩せることができました。固定物は1日にバナナ1本なので、断食に近く、これが体重が減った直接の要因です。

 このダイエットが成功した要因は、先ほどのメリットと被りますが、やはり飲み物だけではなく、たまにバナナが食べられるということだと思います。

 過去の飲み物だけダイエットは飲んでも飲んでもお腹が空いて、とてもハードなものでしたが、今回は少しだけ食べ物が体に入るので、リラックスして生活することができました。

 期間も三日間だけということもよかったと思います。この生活があと1日続いていたら、少し辛さを感じていたかもしれません。

 極端な制限はなく、無理なくできるダイエット方法だと思うので、ぜひ試してみてください。

[参考記事]
「グリーンスムージーと夕食だけ糖質制限で1ヶ月で3キロ痩せました」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top