Read Article

広告

舞茸と脂肪燃焼スープで20kg痩せた。自然と糖質制限をしていた

この記事は20代の女性に書いていただきました。

……

 私は、子供の頃から肥満体型でした。親が太っているのでもなく、兄弟も標準体型だった為とてもコンプレックスでした。小さい頃の写真はすべて太っており、写真を見たりするのが嫌いでした。

 ですが昔からそんな体型の為、太っているとその時は自覚していませんでした。そんな私も高校生になると彼氏もでき体型を少しずつ気にするようになってきました。

 お付き合いも順調で幸せだった中、彼の浮気が発覚し、いきなりの別れが訪れました。浮気相手は私も知っている痩せ型の年上の女性でした。やっぱり痩せている方が好きなんだなと思い、見返そうとダイエットのスイッチが入りました。

 私には痩せている姉が居た為、ダイエット方法を聞いたり、ネットでもどんなダイエット方法があるかを調べました。食べないダイエットはリバウンドの元だと思ったので、、食べるダイエットをすることにしました。

 そこで、舞茸ダイエットというものを知り、挑戦することにしました。私は身長160 ㎝で体重70kgもあったのでまずは60kg、最終的には50kg を目指しました。

広告

舞茸ダイエットとは?

 舞茸ダイエットとは、1食置き換えではなく普通の食事に舞茸を加えて食べます。スーパーに売ってる舞茸が約100g前後なので、その半分の量食べればいいだけです。舞茸には、MXフラクションという成分が含まれており、これが脂肪を減らしてくれます。

 舞茸はとくに味もしないのでスープに入れたり、他のキノコとソテーにしたりと料理しやすい食材です。とても低カロリーなので、ダイエット中でも気にしないでたくさん食べれます。私は、スープにいれて食べるのがお気に入りで脂肪燃焼スープに入れて食べていました。

 私が作っていた脂肪燃焼スープはサイトに載っていた以下の材料を使いました。

*材料*約6食分
・セロリ 1本
・玉ねぎ 3個
・ピーマン 2個
・舞茸 1パック
・にんじん 1本
・トマトホール缶 1缶
・鶏ガラスープの素 適量
・しょうが 少々
・塩こしょう 少々

 作り方はすごく簡単です。具材を全て食べやすい大きさに切り、鍋にいれます。そこに具材が隠れるくらい水をいれ柔らかくなるまで煮込みます。しょうがと、塩こしょうはお好みですが食べる直前に加えてもらっても美味しいです。

※私は、1回大量に作りジップロックに入れ冷凍し、食べる分のみ解凍し食べるようにしていました。

 野菜を煮込むことにより、野菜を多く摂取でき、食物繊維も多く摂れました。そのおかげで便秘が解消し、デトックスできました。このスープには副作用みたいなものも無く、味を少し変えたりとアレンジもきくので飽きることなく続けられると思います。

私が行った食事と運動

 ある1日のメニューです。
*朝食→ヨーグルト、納豆、キャベツ蒸し

*昼食→味噌汁、手作りお弁当(十五穀米100g、焼き鮭、卵焼き、
ほうれん草ときのこのソテー、鶏ささみのサラダ)

*夕食→キャベツ蒸し、脂肪燃焼スープ2杯位、豆腐1/2丁

*間食→間食の習慣は無かった為、お菓子は食べずにスルメ。

*運動→半身浴、腹筋・背筋・スクワット各50回、お風呂上がり後のストレッチ、休みの日になれば、昼間にウォーキングをプラスしていました。

 上記にメニューを見るとお分かりでしょうが、糖質制限食に似ていますよね。自分では意識していませんでしたが、脂肪燃焼スープを取り入れたことで、自然とこのようなメニューになってました。

ダイエット結果、、、

 結果としては、1年で20kg痩せることが出来ました(70kg →50kgになれました)。BMIも21になり、肥満体型から抜け出すことが出来ました。糖質制限のお陰なのか、舞茸+脂肪燃焼スープのお陰なのか分かりませんが、恐らく両方でしょう。

 痩せたら回りからの反応も変わり、ピタッとした服装などもできるようになり自分に自信が持てるようになりました。服のサイズも変わり好きな服が買える、着れるというのが嬉しくてたまらなかったのを覚えています。

 ダイエットは自分1人だと止めてしまいそうだったので、ダイエットブログを始めてモチベーションを保っていました。ブログで知り合ったダイエット仲間とは今でもいい友達です。新しい出会いもあり、自信ももてて痩せて本当に良かったなと実感できました。

[参考記事]
「脂肪燃焼スープダイエット一週間で3キロ減。リバウンドしない工夫とは」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top