Read Article

広告

産後ダイエット(糖質制限とスープダイエット)で妊娠前より3キロ減

広告

 

この記事は20代の女性に、産後ダイエットである糖質制限とスープダイエットについて書いていただきました。

…………..

 25歳で出産し、今は専業主婦をしています。元々は普通体型の158センチ48キロで、アパレルの仕事をしていました。仕事を辞め、ヒールを履くのを止めて、いざ出産するとすっかり体型は変わってしまいました。

 妊娠中は様々なホルモンのいたずらで、皮下脂肪がつきやすかったり、浮腫がでやすくなったりして、その結果、出産後には10キロ太っていました。元に戻そうと思い、産後ダイエットの中の「母乳ダイエット」を実践しましたが、お腹が空いて空いて仕方がないのです。食欲に負けて真夜中におにぎりを食べたりしていました。私には母乳ダイエットは不向きで、体重は全く変わらず。

 そこで、専業主婦の私はお金のかからないダイエット方法はないかと考えました。オムツやら、ミルクやらでお金がかかるので、ダイエットにお金をかけるわけにはいきません。

お金をかけないダイエット方法

 お金がかからない産後ダイエットを探していましたが、一番私に最適だったのは糖質制限とスープダイエットです。朝ごはんは子どもと一緒に汁物、ご飯、納豆、魚や肉のおかずを食べています。お米だけは糖質が多いので、食べ過ぎないように注意しました。目安としてはお米は小茶碗1杯に抑えていますが、肉や魚はあまり量を気にせずに食べていました。

 昼は野菜スープを好きなだけ。鰹節でダシを取って、そこに好きな野菜をたくさん入れて、素材の味を楽しみました。味付けは味噌だったり、醤油だったり色々ですが、世間で言われているトマトベースのスープではありません。飽きた時には豆腐や肉や魚も入れていましたので、どちらかというと「けんちん汁」に近いです。

 夜はお米やパンや麺類などの炭水化物を抜きましたが、おかず等は朝と同じで気にせずに食べます。子どものご飯の時間に合わせて早めに17:30に食べますので、完全に消化してから寝ることが出来ます。

 飲み物は今まで大好きだったジュースをお茶や水に変えて、糖質ゼロを心がけています。子供が飲み残したジュースをもったいないからと飲みたい衝動に駆られましたが、ここはぐっと我慢。

 そして、運動ですが、お風呂上がりは子どもを寝かしつけながら自分はストレッチをしていました。日中は公園で子供とお散歩したり、とにかく外に出て一緒に動くようにしました。地道なことですが毎日コツコツとやれば習慣化され、身体に現れてきます。

結果は

 元の体重は48キロでしたが、妊娠中はMAX58キロまで太りました。当然、赤ちゃんがお腹にいる分、妊娠中が体重が増えるのですが、サイトで調べるとだいたい妊娠前の体重+7キロ前後です。ですので、私の場合には少し太り気味でした。

 現在は45キロまで落ちましたので、妊娠前よりさらに3キロ痩せました。糖質制限とスープダイエットを実践した期間は半年くらいです。

 今はSNSで同じダイエットをしている方を見つけて、モチベーションを上げることでダイエットを継続しています。急激に体重を落とすのではなく長期的に見て、健康的に痩せることがリバウンドせずに痩せられる秘訣だと思います。

 迷っている方は是非今日から糖質制限とスープダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

[参考記事]
「母乳ダイエットにより産後3ヶ月で10キロの減量に成功」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top