Read Article

広告

生理に合わせたダイエットで1年間で13kgの減量に成功

広告

 

この記事は30代の女性に書いていただきました。生理に合わせたダイエットで1年間で13kgの減量に成功した体験を語っていただきます。

……..

1:生理周期に合わせたダイエット法 

 女性は、生理中~排卵期に体の浮腫みが取れて、ホルモンバランスが良くなる事で痩せやすい体質になります。反対に、生理前は体が浮腫み体重が落ちにくくなるので、どんなにヘルシーな食事を心がけていても、体重が0.5kg~1kg戻ります。

 私が行ったダイエット法は、『一か月に一度訪れるヤセ期』である生理中~排卵期の2週間に、体重を1~1.5kg落とすダイエット法です。その内容はいたってシンプル。食事内容・量に気を配り、生活習慣を整えるだけ。これに毎日のウォーキングや、寝る前、起きた時のストレッチなどを組み合わせ、一月平均1kg落とすというダイエット法なのです。私は、1年間かけて13kg落としましたので、1ヵ月平均1kg、このダイエット法で体重が落ちました。

 私の減量前の身長は165cmで体重は64kg、体脂肪率は27%、洋服のサイズは13号と太めでした。デスクワークで、外食も多く、お菓子も好きなだけ食べていたので、ちょっと運動をしたところで痩せられるはずもありません。

 生理中は、意外と食欲が収まるという事から、思いついたのがこのダイエット法でした。当時巷で流行っていた、一気に体重を落とすという断食ダイエット法は、体の弱い私には無理だったので、徐々に体重を落とす事にしたのです。

2:食事でダイエットの成功は決まる

 ダイエットの7割は食事と生活習慣で決まると思っています。ダイエットを、始めるまでは朝はパン食で、月の3分の2は昼夜共に外食、毎月の様に飲み会もありました。飲み会では、食べ放題飲み放題の店に行っていたので、際限なく食べていました。一番多い時では、カレーライス4杯食べていた事もありました。

 ダイエットを始めてからの朝食は、7分つき米に雑穀を混ぜた御飯のおにぎりと野菜をメインにした具沢山の味噌汁に変更。これでお腹が空きにくくなり、間食が減りました。ダイエット前の朝食は、パンとインスタントスープだったので、生理前の便通が2日に1回という事もありましたが、雑穀入り御飯に変えてから便通は1日必ず1~2回来る様になりました。便秘がダイエットの大敵である事は知られていると思います。この点でも朝を和食に、しかも食物繊維の多いメニューに変えたことは大きいメリットです。

 ダイエット前の昼食は、その日によってまちまちでした。お弁当を作る日もあれば、和食のお店に行くこともあれば、、高カロリーなジャンクフードの時もあれば、コーヒーとケーキだけで済ませるといういい加減な事もしていました。ダイエット中は、握りこぶし2つ分の大きさのお弁当箱に、雑穀入り御飯、出巻き卵、きんぴら、野菜の煮付けなど、和惣菜中心のおかずを組み合わせていきました。

 お弁当のおかずを全て一から作ると、ギブアップしてしまいます。なので、お弁当に入れる、おかずの3分の1は冷凍食品やチルドのものに頼りました。冷凍食品やチルドに頼った理由は、味が改良されている事やお手軽度もさることながら、パッケージの裏に、カロリーが明記されている事でした。

 ダイエット前の夕食は夜遅くなる事が多く、ストレスの為、カレーやパスタなど、高カロリーの外食になる事もありました。ダイエット中の夕食は、肉や野菜をバランスよく摂るように心がけました。夕食はオカズだけでお米は食べません。夕食だけ糖質制限です。お肉は脂肪分が多く含まれていてダイエットの敵と思う方もいるかもしれません。しかし、糖質制限食ではお肉や魚がメインですが、皆さん結果を出しています。それは糖質がほとんど含まれていないからです。しかもお肉や魚は筋肉を作るタンパク質が豊富。筋肉を付け、基礎代謝を増やすことで痩せやすくなります。

 私が減量時に筋肉を付けるために行っていた軽い運動はフィットネスクラブに行っていたわけではありません。家で腕立て伏せや腹筋を10回1セットで1日3回行っていました。当時事務職から営業に配置換えになり、歩かざるを得なくなったのもプラスになりました。

  以上の食事を生理中~排卵期の2週間行います。夕食にお米を食べないのも2週間だけですので、そんなに辛いと思ったことはありません。運動だけは継続が大切なので1年を通して行っていました。

3:減量のメリット、デメリットは?

 減量前私は、26歳で、身長は165cmで体重は64kg、体脂肪率は27%、洋服のサイズは13号でした。1年かけてダイエットをした後、体重は13kg落ち51kgに、体脂肪率は18%に、洋服のサイズは9号でも緩くなったのです。「ダイエットに成功したのは生理の周期に合わせたからなのか、糖質制限の効果なのか、どっち?」と聞かれますが、正直分かりません。私の実感では両方だと思っています。

 ダイエットのメリットは、悪い食習慣を断ち切れた事です。夕食にカレーライス4杯食べても平気だったり、1週間に1回食べていたファーストフードに未練がなくなったのも、1年かけて行ったダイエットのお陰です。このダイエットを行った後、3年間、ファーストフードを食べていなかったと思います。これは自分自身、本当に驚きました。

 減量のデメリットは、痩せすぎたことで、生理が止まってしまった事です。私の身長では60kgなければ適正体重にならなりません。生理が毎月来るようにする為に、体重を4kg、増やさざるを得なくなりました。間違えてはいけないのは1年で13kg痩せたことが悪いのではなく、適正体重との乖離が10kgというのがいけなかったのです。痩せすぎないようにもっと細かく調整すべきでした。ダイエットで痩せた経験がなかったので、つい浮かれてしまいました。

4:成功要因は地道にコツコツと

 ダイエットの成功要因は『一気に落とそう』や『劇的にカッコよくなろう』など、焦らない事です。1か月5kgくらい痩せたいという人も多いでしょうが、焦ってダイエットをしたところで成功するはずもありません。

 いかがでしたでしょうか。ダイエットは、日進月歩。コツコツと地道なやり方でやれば成果は出るはずです。

[参考記事]
「糖質制限食(低炭水化物食)における糖質1日の必要量」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top