Read Article

広告

ウォーキングと脂質制限を1年続け、15kg痩せた方法とは

この記事は20代の女性に書いていただきました。

……….

 私は20代の女性です。ダイエット前は身長160cmに対して体重は65gあったので、おデブさんでした。可愛い服を着たい!!と思ったことがダイエットを決意するきっかけでした。しかし、私は三度の食事は楽しんで食べたいタイプ。朝だけバナナにするとか、夜だけトマトにするとか、食事を極端に制限するものは続きません。

 そこで、様々なサイトを調べ、できるだけ食事を我慢せずに済むダイエット法を探し、実践してみることにしました。具体的には、食事前に30分のウォーキングと脂質の制限。この方法で、1年で15kgの減量に成功しました。

広告

<ウォーキングの方法>

 まず、運動の効果が最大限に得られる状況について検索しました。10以上のサイトには目を通したと思います。そして、空腹時が最も脂肪が燃焼しやすいことを知り、特に朝、起きてすぐが最も効率が良いということを知りましたので、朝起きてすぐにウォーキングを行なうことにしました。

 具体的な方法は、朝起きてすぐに水を一杯飲み、汗で汚れてもいい動きやすい服に着替え、水を持って出かけます。軽いウォーキングですので、近所を一周ぐるりといった感じです。この時、ダラダラ歩くのではなく、背筋をしっかり伸ばしながら、足を上げ、腕を振ってやや早足で歩きます。意識して歩くことで足に筋肉が付きやすくなり、基礎代謝が上がりやすくなります(下半身の筋肉は全体の筋肉の7割ほどを占めます)。

 この状態で歩いていると、冬でも10分ほどで身体がぽかぽかしてきて、20分ほどで汗が出てきます。脂肪が燃焼するためには水分も重要な要素ですので、水分補給はしっかりと行なっていました。

 どうしても朝起きられない時には昼食前、夕食前に行なうこともありましたが、必ず毎日30分、時間があるときでも1時間以上は行わないようにしていました。出来る日に長くやってしまうと、どうしても翌日はサボってもいいという気持ちが起きてしまいやすいので、短い時間だけれど毎日、ということに重点を置いて行なっていました。

<脂質制限について>

 食事をあまり我慢したくない!というところから始まったダイエットですが、脂質については気をつけていました。まず、料理に使う油はできるだけオリーブオイルを使用し、バターやマーガリンを極力使わないようにしました。また、牛や豚のバラ肉や、鳥のもも肉のように、肉や皮それ自体から油が出るものは、油を引かずに肉の油で料理していました。

 そして、肉を食べる時にはどうしても牛肉、豚肉でないと美味しくないメニュー以外は鶏肉にしていました。牛肉や豚肉よりも鶏肉の方が脂肪分は少ないためです。特に牛肉のバラ肉は脂質が多く、100g当たり50gが脂質です。それに対して鶏もも肉(皮なし)は100g当たり4gしか脂質はありません。

 なぜ肉を食べていたのかというと、筋肉を効率よく付けるためです。肉はタンパク質が豊富に含まれていますので、筋肉の原料になってくれます。ですので、ウォーキングの習慣を付けながら、脂質の少ないお肉を食べるのは最適な組み合わせなのです。

 以下に1日の食事の例を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

朝…鶏肉とレタスのサンドイッチ
昼…鮭おにぎりとサラダ
夜…鶏肉の炒め物、冷奴、納豆と小松菜のあえもの、白ご飯(一杯)

※脂質を摂らなすぎるとシワの原因になりますので、適度には摂りましょう。

<ダイエットに成功して…>

 とにかく『自分が我慢できること・できないことを知り、我慢できないことはやらない』『すぐに結果が出なくても落ち込まず、長期戦だと思って気長に頑張る』、この二点に重点を置いていたことが、ダイエットの成功要因だったのだと思います。このダイエットで、時々停滞期に見舞われたものの、結果として1年で15kg痩せることができました。

 痩せたことでのデメリットといえば、持っていた服やブラジャーが全部ゆるくなってしまったので、ほとんど買い直すことになったことでしょうか。せっかく望みどおり可愛い服をたくさん買うことができたので、二度と太らないよう、定期的な運動は続けていこうと思っています。

[参考記事]
「スクワットと夜だけ糖質制限で体重4kg減、太もも4cm減」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top