Read Article

広告

妊娠前より10キロ増えた体重を糖質制限1か月で5キロ減らした方法

この記事は20代の女性に書いていただきました。出産前より10キロ太った体重を1か月で5キロ減らした糖質制限の体験談です。

……..

 出産後、体重が戻らない…体形が変わってしまった…。そう悩んでいるお母さん方、結構多いのではないでしょうか?

 適度な運動・栄養バランスのとれた食事が、痩せるために不可欠なのは重々承知だけれど、その生活、続けるのはなかなか難しいですよね。しかもただでさえ忙しい産後は、普段の生活を送ることだけでも精一杯です。

 私は『糖質制限』という方法で、産後でもほぼストレスなく、1ヶ月で6キロも痩せることができました。

 ただ、そこには意外なデメリットもありました…。アラサー母のリアルな体験談をご紹介します!

広告

実際に行った糖質制限の方法とは?

 食べることが大好きで、運動は苦手。生まれてからずっとぽっちゃりしていました。今までいろいろなダイエット方法にチャレンジしてきましたが、運動やカロリー制限など、意志の弱い私が到底続くはずがありませんでした。

 妊娠してからも好きなものばかり食べていたら、出産直前には20キロも体重が増加し、産後半年経っても元に戻らず、妊娠前より10キロ増という結果に…。

 子どもが卒乳してからはいろいろなダイエットを試したのですが、その中でも糖質制限が最も自分に合っていたように思います。

 糖質制限中のある一日の食事をご紹介します。一日あたりの糖質量は60グラム以内を目安にしていました。これは糖質制限のランクからすると厳しめです。

朝:目玉焼き2個、ウインナー、野菜スープ、サラダ

昼:サラダチキン、おから蒸しパン、サラダ

夜:鶏肉のソテー、豆腐とわかめの味噌汁、おから蒸しパン、温野菜のサラダ

 基本的に、ご飯やパンなどの炭水化物は避けなければなりません。肉は大好きなので、いつもお腹いっぱいになるまで食べていました。おから蒸しパンは作り方が簡単な上お腹が膨れるので、主食代わりによく食べていました。また、ゼロカロリー(エリスリトール)の砂糖で甘めにおから蒸しパンを作り、おやつに食べるのもオススメです。

 参考にしたのがクックパッドのレシピです。ベーキングパウダーを使わないレシピを見つけ、早速作ったところ、すごく美味しかったのでハマりました。

Cpicon BP不要☆おから蒸しパン by akan_chan

 まとめますと、糖質制限の食事で注意をしたポイントは、

●ご飯やパン、パスタなどの炭水化物は食べない。

●糖質の多いソースやケチャップなどの調味料は避ける。

●野菜にも糖質が多く含まれているものがあるので気を付ける(かぼちゃ、玉ねぎなど)。しかし、全く食べないようにしなくても良くて、少ない量であればOK。

 外食などで糖質量をオーバーしてしまう日もありましたが、そこまで大変ではなかったので、1ヶ月続けることができました。

糖質制限を1ヶ月やってみた結果…

 1ヶ月糖質制限をやってみて、156センチ/63キロだったのが、58キロまで痩せることができました。マイナス5キロを1か月で痩せたのは大成功と言えるでしょう。若いときは全然痩せなかったのに、28歳でこの結果には驚きました。

 初めは糖質制限のことを忘れてうっかりご飯を食べてしまいそうになりましたが、その後はほとんどストレスを感じませんでした。運動も全くしていません。

 そして、最近は糖質を制限している人向けに、麺やスイーツなど様々な食品が売られています。糖質制限ダイエットをしていることを忘れるくらい、色々な甘いスイーツが食べられたことも、成功した大きな理由だと思います。しかし、糖質制限用の食品はネットが主で、金額が少し高めなのがマイナス面です。

始めてから気付いた!糖質制限の意外なデメリット

 完璧に思われた糖質制限も、デメリットがありました。

 それは食費が半端なく増えることです。

 肉や野菜をいつもの3倍は消費するので、当たり前と言えば当たり前ですよね。我が家は普段より2万円も食費が多くなりました。お金に余裕がある人にしか続けられないダイエットなのかもしれません。

 そして、買い物の時間も増えました。何しろ糖質制限初心者なので、特に加工食品などは、いちいちパッケージを見て糖質量を確認してから買わなければならないからです。

 食品のパッケージに糖質量が記載されていないことも多いので、その場合はきっちり計算してから購入していました(炭水化物量から食物繊維量を引いた数字が糖質量になります)。

 小さい子ども連れで長時間スーパーをうろうろするのは、かなりキツイものがありました。もちろん、慣れてくれば問題ない作業ですが、最初のうちは少し苦労するかも。

糖質制限は産後太りにもオススメです!

 いくらかデメリットはありますが、その点をカバーできる環境であれば、糖質制限は産後でも効率的に痩せることができます。

 まず、妊娠中にたるんだ体もきれいに引き締まりました。食事制限はタンパク質不足に陥りがちですが、糖質制限では積極的に肉・魚や卵などを摂るように薦められているので、運動をせずとも筋肉量を維持したまま痩せることができるのです。

 子育てで運動をする時間がないお母さん方にはピッタリなダイエットですね。

 また、私の場合は、一日の糖質を60グラムまでに制限する『スーパー糖質制限』でした。もう少し制限を緩くすると、1ヶ月5キロのダイエットは厳しいかもしれませんが、食費のデメリットは少なくなるでしょう。

 産後のたるんだ体を引き締めて、子どもが自慢するようなキレイなお母さんでいましょうね!

 最後に、授乳中に糖質制限をしても問題はありません。糖質制限で有名な江部康二先生がブログに書いていますが、全く問題がないそうです。ご安心ください。

[参考記事]
「糖質制限を始めたきっかけは産後太り。3カ月で5キロ痩せました」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top