Read Article

広告

糖質制限と昇降運動で20kg痩せました。成功要因は恋

この記事は20代の男性に書いていただきました。

……….

結論から言いますと20kg痩せることができたので、その方法をお伝えします。成功した要因は「恋」でした。

今から4年くらい前の9月に、当時出会ったかわいい女性から突然、「彼氏と食事する予定だったけどドタキャンされたから、夕飯を一緒にどうですか?」と言われて私は二つ返事でOK。二人で焼き鳥を食べて至福のひと時を過ごすことが出来ました。

その彼女は彼氏にベタ惚れだったので、その後私には連絡が来ることはありませんでしたし、私も高嶺の花過ぎて、連絡をこちらからすることなんてできませんでした。しかし、10月末くらいにその彼女から連絡がありました。およそ2か月ぶりでした。心が躍る思いで連絡をやり取りしたところ、やはり彼氏が仕事で忙しくてドタキャンされたから、彼女が予約していたところでご飯を食べました。

その時に「おなかにカップアイスが乗りそうだね?今体重はいくつあるの?」と聞かれました。当時の私(20代男性)は身長173cmに体重が95kgもありました。本当に椅子に座っておなかにカップアイスを乗せて食べられるくらいの肥満でした。そして、彼女は「80kg切ったらまた会ってあげるね」と冗談交じりに言ってその日の楽しい時間は終わりました。

広告

ダイエット開始

正直、私はそれまでダイエットということをしたことはありませんでした。運動も高校時代していた弓道以外特に出来なかったし、走ったりすることも苦手で、またジムなどに行って次の日の仕事に影響をきたすことも嫌でした。

そこで苦肉の策として考えたのが、まずは食事制限でした。これまでの食事は朝昼晩の3回で、しかもすべて特盛です。例えば、お昼はお弁当2つ。パスタとカレーという組み合わせで普通に食べていました。夕飯はお酒を飲みながら2人分ぐらいのつまみを食べていました。それでも、足らないときは〆にラーメンなどを食べていました。

そこで、まずは大盛をやめました。お昼はお弁当一つにして多めのサラダを食べて胃を満たし、夕飯はお酒を飲まずに普通に食事することを心がけました。そうすることで1か月後に3kg痩せました(95kg→92kg)。

プチ糖質制限を開始

それからは体重が落ちづらくなったのでもう少し食事を制限し、できるだけ糖質は控えるようにしました。例えばお米やパンなどの炭水化物は3食中2食 or1食にし、糖質量を抑えました。これでまた1か月で3kg落ちました(92kg→89kg)。前回と合わせて合計6kgの減量に成功しました。疲れやすいなどの体の負担も全くありませんでした。

昇降運動も開始

次に更に考えたのが家で気軽に運動をすることでした。いまでこそテレビはあまり見ませんが、当時はテレビドラマが大好きで仕事の後すぐに帰宅してドラマを見るのが習慣となっておりました。

こで、考えたのが踏み台昇降運動でした。テレビを見ながら段差がある台(ステップ)を用いての簡単な昇降運動。初めは低い段差でゆっくり10分程度。膝や腰に負担がかからないように心がけました。慣れてくるとステップを高くして、スピードを速めドラマ2本分くらい見ながら(90分くらい)運動しました。そしたら1か月くらいしたら6kgも痩せていました(糖質制限は継続していました)。

95kgから計12kg痩せ、83kgになった頃、彼女から「痩せましたか?」と連絡が来ました。私は「12kg痩せました。今は83kgくらいです。」と伝えたところ、彼女は「じゃあクリスマスイブに会いましょう」と言ってくれました。

そして、私たち2人は当時私のお気に入りのお鮨屋さん行きました。彼女は微笑んですごくおいしいと感激してくれました。そして、これからもよろしくお願いしますと言われました。(別に付き合うわけではなかったでしたが..)

その後、長い停滞期を乗り越え最終的に1年で合計20kg痩せることに成功しました(95kgから75kgへ)。なぜこのようにダイエットしたことがなかった私がダイエットに成功したかというと、痩せたら彼女と会えるという目標、負担がかからない程度の糖質制限、そして好きなドラマを見ながらの運動という比較的自分に楽な方法を選択したことだったと思います。

[参考記事]
「糖質制限食(低炭水化物食)における糖質1日の必要量」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top