Read Article

広告

VAAM(ヴァーム)を飲んで走るだけで3か月で10キロ減

この記事は40代の男性に書いていただきました。

………

「VAAM(ヴァーム)を飲んで走るだけ」

これだけでキレイに痩せられます。

まずはその前に・・・

「有酸素運動をすれば脂肪が燃焼される。」

これはダイエットを志す人なら誰でも知っていることでしょう。また、ジョギングなどの有酸素運動が嫌いな方は、知っていても聞かなかったことにしている人も多いでしょう。

色々なダイエットが世間にはありますが、身をもって体験して、もっとも効率的に痩せることができたダイエット方法が有酸素運動です。私の場合は、ジョギングでしたので、以降VAAM(ヴァーム)とジョギングでどれくらい痩せたのかをお話させていただきます。

広告

3か月で10キロ減

当時の私は、35歳 男性 身長174cm 体重70kgでした。ダイエットを始めた3か月後には体重60kgになりました。

「なーんだ、3か月でたった10キロか」
「3か月もかかるの?」

って思った方も多いでしょう。

実はこの3か月で10キロがダイエットの成功の目安とされています。つまり1~2か月で10キロ減だと、体に無理がかかっている場合があるのです。

体に無理なく痩せられる方法、つまり3か月で10キロ痩せられる方法が冒頭で書かせていただいた

「VAAM(ヴァーム)を飲んで走る」

VAAM(ヴァーム)は株式会社明治から発売されているアミノ酸飲料です。高橋尚子さんが飲んでいて有名になりましたよね。今では有酸素運動の前にアミノ酸を摂取するのは当たり前になっていますが、この商品がこの業界の先駆者だと思います。

アミノ酸を摂取することによって、脂肪の燃焼効率を良くしてくれます。また運動後の体へのダメージもかなり軽減されています。

VAAM(ヴァーム)にも色々商品がありますが、どれがいいのでしょうか?

VAAM(ヴァーム)はゼリー飲料が販売されていますが、これがダイエットにはうってつけなのです。

脂肪が燃焼するまでの過程に、まず糖質を先に燃焼されているという条件があります。つまりご飯を食べてお腹が満たされている状態(糖質が体にふんだんにある状態)であれば、例え運動をしたとしても脂肪を燃焼するまでに相当な時間がかかってしまいます。

そのため空腹時の有酸素運動が最も効率的なのですが、腹が減っていては運動をする気にもならないですし、走っている途中に投げ出したくなってしまいますよね。そこでこのゼリーを飲んでいれば、腹持ちはしますし、アミノ酸も摂取していますので一挙両得です。

(ちなみに私の一日の食事は、朝食は一般家庭の標準的な食事、昼間は運動後におにぎり1個程度、それにミニサラダ、夜も一般的なおかず類にご飯(炭水化物)の量を少し少な目にした程度です)

ジョギングの時間

このゼリーのVAAM(ヴァーム)を飲んだ後、準備運動やストレッチを概ね30分かけてします。飲んで30分後、ジョギングを開始します。人によっては発汗がいつもより多く感じたりします(体が熱いと、脂肪は燃焼しやすいです)。

運動の目安は30分(20分でも大丈夫)以上です。私の場合は、昼休みを利用していたため、平日は25分程度、土日は長めの1時間を目安に走っていました。

VAAM(ヴァーム)の効果

冒頭にも書きましたが、飲んでジョギングをするだけで

「キレイに痩せられる」

のです。

VAAM(ヴァーム)を飲んで走っている人の脚に注目してください。特にふくらはぎ周辺です。無駄な脂肪がそぎ落とされて、しかも適度な筋肉がついてとてもキレイです。これは女性はもちろん男性もキレイな脚になります。

よく女性は、筋肉がつくのは嫌という人がいますが、ちょっとしたジョギングで脚がムキムキになる事はありませんし、何よりこのVAAM(ヴァーム)を飲んで走れば、キレイな脚が自分のものになります。

ダイエット中は、体重計に乗って減っていたら大喜びするものです。さらに、この「VAAM(ヴァーム)を飲んで走るだけダイエット」は、人から脚が美しいと言われるのです。私が継続的に三か月できたのは、脚のキレイさを評価してもらえた事もあると思います(男性ですけど、脚がキレイと言われるのは嬉しいものです)。

これまで「キレイ」で表現してきましたが、「美しい」が適切な表現かもしれないですね。腹筋を鍛え上げる女性も美しいですが、ふくらはぎ周辺が美しい女性も魅力的ですよ。

約2週間で変化が表れ始めます。体重の減少も脚の変化も2週間目あたりからです。そこまでは諦めないで継続をしてください。きっと結果が付いてきますよ。

[参考記事]
「コールドプレスジュースダイエット1週間で3.2kg減量に成功」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top