Read Article

広告

緩いダイエットで14キロ痩せた!3つの法則を守るだけ

この記事は30代の女性に書いていただきました。

………….

現在30歳の私は身長163センチ体重54キロ。いまは産後3か月のため54キロですが、妊娠前の元々の体重は52キロでした。

そんな私ですが、今から15年前、高校の身体測定で発覚した体重は66キロ。当然ぽっちゃりしていました。けれど、制服がうまく隠してくれたため、当時の私は太っている自覚はありませんでした。

そんな私がようやくダイエットを決心したのは大学生になってからです。大学には制服がないので、自分で服を買うことが楽しみになりました。ですが、着たいなぁ、可愛いなぁと思って手に取る服が全然入らないのです。

そこから、ようやく太っていることを自覚した私のダイエットが始まりました。開始したダイエットはすごく簡単です。ずぼらで飽き性な私でも実践できることです。私は以下の3つの方法で15キロ痩せることに成功しました。

一つ目は毎朝、毎晩体重計に乗ること。これは私にはとても効果ありでした。体重計に乗って前日より少しでも減っていると、ダイエットのやる気が増します。増えていると、その日は「今日は体重増えてたな・・」と少し食事量が控えめになりました。ここで大切なのはあくまでも控えめ!ということです。増えていたから食べないなどしてしまうと、続きません。なので、あくまでも控えめです。

二つ目はたくさん入浴すること。それまではシャワーだけで済ませてしまうことも多かったのですが、毎日しっかり入浴して汗を流しました。これは漫画や雑誌を読んだり、携帯電話・スマホを持ち込んだり、お風呂の時間を楽しく過ごして身体を温めるだけなので、なんの苦労もなかったです。

暑くなるとお湯からでて少し水分補給などの休憩をしながら、40分〜1時間は湯船に浸かるようにしていました。休日は朝晩2回入浴したりするほどでした。冷えをとって、汗をかいて水分排出でむくみもとれました。水分がでると、痩せたわけではないけど体重って減るんですよね。なので、入浴後また体重計に乗って、減った体重を見て、やる気を出していました。

三つ目は20時以降食べないこと。18時などの早めの時間に設定してしまうと、夜中お腹がすいてきてしまい、食欲を我慢することがつらくなったりします。それでダイエットにストレスを感じて、続かなかったりするものです。そのため、自分に甘い私は20時に設定しました。もちろん飲み会や外食時は解禁です。あくまでも続けることが大切なので、無理のないルールを自分で作ることが大切だと思います。

また、食事面ですが、こちらも我慢なしです。20時以降食べないというルールを守りながら、わりと好きなものを食べていました。

 パン
 おにぎりまたはパン+サラダ+スープ
間食 和菓子やゼリー・プリンなど
 ダイエット前とあまり変わらず、お米の量を減らす程度

ここでも大切なのは先ほども言ったように、我慢をしないこと。ダイエットは続けることが大切です。「今日からおやつはもう食べない。」「晩御飯抜き。」「炭水化物抜いてダイエットしよう。」など、食べることが大好きな私には無理でした。

そのため、間食はしてもいいけど、1日1回まで、なるべく15時ごろ。人は朝起きてから、少しずつ体温が上昇して、夕方にピークを迎えます。その後、夜眠る準備をするために少しずつ体温が下がっていくのです。体温が一番高くなっている夕方におやつを食べると代謝もよいので、太りにくくなる、というわけです。

また、洋菓子よりは和菓子のほうがダイエットには良いです。カロリー自体はケーキも大福もそんなに変わりません。けれど、バターや小麦粉たっぷりのケーキは脂肪をためこむ原因となる脂質が和菓子よりはるかに多いのです。あと、大福を食べた場合、あんこにはたんぱく質も含まれているので、少しですが必要な栄養も摂取できるというわけです。

飲み会の時などは、カロリーの高い居酒屋メニューのドカ食いを防ぐためにわざとゼロキロカロリーのゼリーなどのおやつを食べてから参加したりもしていました。

このように食事面も自分を追い込むような厳しいことはせずに、ストレスをためずに続けていました。ルールを守り、食事面でもストレスをためこまないように1年ちょっとダイエットしているつもりダイエットを続けた結果、14キロ減に成功しました。14キロってすごい大きな数字に思います。

けれど、私がダイエットをしていたのは14か月。つまり、1か月1キロほどしか痩せていないのです。そう考えると目標を達成しやすいですよね。いきなり「1か月で5キロやせる!」などの、無理な設定ではなく、1か月1キロや2キロなど達成しやすい目標がおススメです。

このようにあくまでも厳しすぎない、続けられる自分に甘いダイエットこそが成功要因でした。長期間続けたことで、ダイエットや体重管理が習慣化されて、今でもリバウンドせずに体重がキープできております。ダイエットが習慣になったことがこの続けられるダイエットの良い点でした。

しかし、ひとつだけ後悔していることがあります。それは運動やセルライトケアをせずに食事面だけのダイエットをしてしまったことです。ダイエットには成功しましたが、上半身に比べて下半身が少し太めな状態でやせてしまったのです。

もしこれからダイエットする方がいればセルライトケアは本当にすすめたいです。現在は体のことを考えた食事と少し運動をしてバランスよくを心がけています。

[参考記事]
「糖尿病になったので糖質制限と運動を開始。半年で11キロ痩せました」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top