Read Article

広告

ダイエットを続けられる人になるための大事な思考法

 

広告

食べているときが一番幸せ

食べることは生きていくうえで決して欠かせない行為です。食べることで体は丈夫になり、栄養を体に取り込むことで体や脳を動かすエネルギーになります。

さらに美味しいといった感覚を得ることで幸福感を味わうことができます。食べ歩きや外食をしたり、手間暇かけて料理したりと「食」は日々の楽しみになり、幸せにつながっていくのです。普段何気なく食事をしていますが、食べることは原動力であり、生命の源なのです。

自分のことが好きな自分

痩せて綺麗になりたいと思ったり、細身のあの子が羨ましく思えたりと、痩せたいと思う理由はたくさんあります。ですが、大事なことは「容姿は人と比べて評価するものではない」ということです。

誰に何を言われようが、自分の人生を生きるのは他の誰でもなく自分なのです。だからこそありたい自分であるべきなのです。つまり「自分のことを好きな自分」であることがもっとも大事なことなのです。

まず自分のことを誰よりも一番よく知ってあげてください。おのずとやりたいことや、なりたい自分が見えてくるのではないでしょうか?もし今の自分の容姿に不満を感じるのならば、それはダイエットを始めるチャンスです。

「ダイエットしたいだけの人」ではありませんか?

なぜダイエットが続かなかったか覚えていますか?何かを継続して行うことは難しく、生半可な気持ちでは続けられないのです。三日坊主で終わってしまう方はただダイエットに挑戦してみたかった人止まりですね。

こんな残念な結果で終わらせないために明確な目標とルールを決め、それを達成する強い心を持ちましょう。それでもやはり心が折れてしまう時があるのが人間です。その為にモチベーションを上げるもの、心が折れてもまた頑張れるような何ものを用意しておきましょう。それは他人にとってちっぽけであっても、自分にとってはご褒美に感じるはずです。このように先のことを予想し、さらに細かく計画を立てれば「ダイエットしたいだけの人」から抜けられるはずです。

ダイエットについての知識を持とう

間違ったダイエットをするとリバウンドしてしまうリスクだけでなく、体を壊してしまう危険性があります。ダイエットへの知識があればそんな危険を防げるだけではなく、無駄を省いて効率の良いダイエットも可能になります。

例えばどんなに早く痩せたくても、急激なダイエットは体に相当な負担をかけることはご存じですか?食事を一切摂らなかったり、摂ったとしてもバランスが偏っていたりすると、体には様々な体の不調が現れます。栄養不足による脳の働きの低下や貧血、肌荒れ、女性は生理不順なども引き起こします。このような症状は体が危険を示すシグナルであり、直ちに改善しないとさらに重い病気へつながってしまうこともあるのです。

そんなリスクを犯さない為にもダイエットについて詳しく知る必要があります。それはダイエットジムのトレーナーなどダイエット専門のプロの方に教えて頂くのもいいですし、自分で調べることも可能です。ぜひ健康に痩せるダイエットを目指してください。

継続することが大切

ダイエットは自分との闘いなので自分に甘ければ甘いほど負けてしまいます。そんな強敵であるダイエットに勝つためには作戦を練りましょう。

例えば平日は食事に気を使うけど、休日は好きなものを食べるという作戦です。平日の五日間を乗り切れば休日に好きなものを食べられるって思うと頑張れる気がしませんか?

そして自分が頑張れそうな作戦で体調に不調がみられなければ続けてみてください。ダイエットは続けた分だけ効果が表れます。それは徐々に見た目や体重に表れたりするので焦って痩せようとしなくて大丈夫です。ゆっくり健康に体重を減らしたほうがより確実なのを忘れないでください。

まとめ

ダイエットが続けられなくて困っている方に向けて書きましたが、ダイエットがどうしても苦である方は続けられないと思います。誰だって辛いことや嫌なことはやりたくないものです。

でも苦ではないダイエットを探しチャレンジするや、好きになるための努力をすることはできるはずです。ダイエットを好きになるために自分が楽しいと思えるダイエットに出会ってください。そして日々変化していく自分をもっと好きになってください。

ダイエットによって達成感や喜びを味わえるようになると、これからもっともっとダイエットが楽しめるようになり、さらにダイエットを頑張る自分が好きになっていきます。これで一つ自分の好きなところが増えました。こうやってどんどん自分の好きなところを増やしていくと、自然と素敵な人生が遅れているのと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top