Read Article

広告

生活改善&食べる順番ダイエットで26kg減!

この記事は30代の女性に書いていただきました。

……………….

私は30歳のとき、身長153cmで体重が76kgでした。当時の写真を見ると、別人のようです。ダイエット、というほどではありませんが、食事を制限してみたり、運動してみたり…それでもなかなか続かず、運動すればお腹がすいて、お腹がすいたら食べ過ぎて、反省して体を動かすけれど、やっぱりお腹がすくの繰り返し…

そんな私の体型を変えるきっかけは離婚でした。元旦那はお酒を飲まない人だったので、元旦那が寝静まってから飲酒。もちろんおつまみあり。深夜までだらだらとお酒を飲んでおつまみを食べてという生活。しかし、離婚をきっかけにこれががらりと変わりました。離婚し、夜型の生活から朝方の生活へ。

広告

まずは生活改善!

夜型生活のときは朝八時ごろに起き出して、9時から10時ごろに朝食。昼食は午後からのパート勤めをしていたので11時から12時。炭水化物を中心に、脂っこい食事。夕食は大食だった元旦那に合わせて白いご飯は必ず準備。肉が中心の生活で、元旦那が寝静まるとお酒を飲みながらの夜食を開始。寝るのは1時から2時の間くらいです。寝るぎりぎりまで飲むか食べるかという生活でした。

それが離婚後、まず朝5時から5時半の間に起床。シャワーを浴びて7時から7時半までには朝食を終えます。正社員の仕事を始めたので昼食は12時から。夕食はまちまちですが、8時まで(残業などのときには9時まで)には食べ終えるようにして、10時から11時の間に就寝するように。すると、食事の内容はそこまで気を使っていないのに、するすると10kg減量しました。

そこから食べる順番ダイエット

生活改善で減量成功するも停滞期に突入し、次に試したのが食べる順番ダイエット。食事の内容はあまり変えず、野菜→豆類→肉・魚→炭水化物の順番を守るようにしました。意識的に野菜を摂るようになったのは変化かもしれません。

朝はたっぷり、昼食はそこそこ、夕食は気持ち少なめにと量に気をつけますが、それでも腹八分目くらいは食べます。3食の量を極端に少なくしたら、間食が増えてしまったからです。なるべくならば野菜は葉野菜で量を多めに。豆サラダでは葉野菜を先に食べ、豆類を次に。

お酒もほどほどに飲みます。たまには外食(飲み会も)や買い食いもしますし、もちろん甘めな間食もします。けれど、3回の食事で食べる順番に気をつける、というだけで、この停滞期も難なく突破!みるみるうちに体重は減っていきました。

食事例)内容と食べる順番
◎朝食→サラダ、お味噌汁(大根や油揚げ、たまねぎなど)、しょうが焼き、ご飯

◎昼食→野菜スティック、味噌汁(インスタント多)、おにぎり(具は気にしない)

◎夕食→サラダ、スープ、焼肉、ご飯

※外食の際も順番は守ります。でも食べる時間(特に飲み会などは8時9時を過ぎることも多いので)はあまり気にしてません。

※甘いものを食べるのは、極力3食のご飯のあとのデザートとして。

ダイエット結果

ダイエット、という意識もそれほどなく、生活改善と食べる順番に気をつけていただけで、一年半経った段階で26kgの減量に成功しました。お酒を少し控えるようになった今、まだ体重は減少中。夢の40kg台へと突入しました。30代で代謝が落ちるといわれていた中、32歳でまだ減量に成功中です。

生活改善では大きく体重が変化しましたが、食べる順番では緩やかに減少、毎日無理なく続けられているためか、リバウンドはまったくありません。食べ過ぎて1~2kg体重が増えたとしても、3日もすれば元通りです。

ダイエット前→身長153cm、体重76kg
ダイエット1年→身長153cm、体重60kg
ダイエット1年半→身長153cm、体重50kg

減量成功の秘訣は普段の生活リズム

急激な運動をしたり、食べるものを制限したり、日ごろしたくないことをするから失敗するのであって、私がこのダイエット法で成功した秘訣は「普段の生活を改善する」だけだったからだと思います。

早寝早起き!これを心がけ、後は食事の順番を守ること。内容は好きなものを腹八分目。それだけ。普段の生活を少し見直すだけだからこそ、無理なく減量できたと思います。

やはり弊害も…

30代を過ぎてから急激に減量したせいか、顔のシワが気になりだしました。太っていたころにはパンと張っていた皮膚が、減量でたるんでしまったようです。二重アゴも頬の肉も落ちたのは嬉しかったのですが…。

無表情のときはいいのですが、笑った顔を撮影してもらったら、頬の皮がたるんでひどいシワに。こればかりはシワ対策の化粧品でもどうにもならないようです。現在色々試していますが、改善実感はありません。

腹部の皮も少したるんでしまいました。まっすぐ立っているときにはあまり気にならない程度なのですが、座るとジーンズの上に乗っかるお肉が。これが、肉ではなくて皮であることに気がついたときは少しショックでした。

また、急激に痩せすぎたせいか、周囲の人に痩せたんじゃない?と気づいてもらえるのは嬉しかったものの、さすがに痩せすぎではないか、という指摘もありました。今はあまり体重が落ちすぎないよう間食を心がけているくらいです。

それでも痩せれば嬉しいことも

太っていたころ、自分が好きな服のショップに行っても店員さんには相手にしてもらえませんでした。むしろ、同行していた痩せている妹に熱心に話しかけているのを見ていてショックを受け、以来ショップに行くのがトラウマに。

会社の方にそのトラウマを話すと、痩せたんだから自信を持って行ってみなよ、と言ってもらえたので、勇気を振り絞って以前その対応を受けたショップの店先に立ってみると「今季の新作なんですよ」と声を掛けてもらえました。色々なショップで足を止めると、その先でほぼ必ず声を掛けてもらえるようになったのはとても嬉しい変化でした。

服のサイズもL~LLサイズがMサイズに、ジーンズのサイズはウエスト73cmだったものが61cmにまで変化。夢のXSサイズが入るようになったのは嬉しい変化でした。

まとめ

離婚という大きな変化が引き金になったとはいえ、生活改善&食べる順番だけで一年半で26kg減量は皆さんに驚かれます。日ごろの生活を少し見直すだけで、体重は変化します。

辛い食事制限をするわけでもなく、激しい運動を続けるわけでもなく、好きなものを我慢しなくちゃいけないわけでもありません。サプリメントを飲むわけでもありません。早く寝る!早く起きる!食べる順番に気をつける!これだけです。お金も掛からない、時間も掛からない、お手軽な方法だと思うので、是非試してみていただきたいです。

[参考記事]
「食べる順番ダイエットで6キロ減。メリットとデメリットを解説します」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top