Read Article

広告

カロリー制限を急激に行ったため体に異変

この記事は40代の男性に書いていただきました。

………….

私(42歳男性)はカロリー制限によって3か月で15kgの減量に成功しました。ダイエット前は身長173cmに対して体重は88kgありました。これが73kgにまで落ちたのです。

ですが、急激に体重を落としたため、マイナス面も生じてしまいました。この辺のことも隠さずにお伝えします。

広告

具体的な食事内容

後から振り返るとあまりにも食べる量が少なすぎました。もっと量を増やせば良かったと反省しています。

朝は
●ウィダーインゼリーのエネルギーチャージ
●R-1ヨーグルトドリンクタイプ低糖低カロリー

昼は
●セブンイレブンの低カロリーの野菜スープと野菜
サラダ
●セブンイレブンのサラダチキン1つ

夜は
基本食べません(付き合いで飲み会があるときなどはしょうがない)

ただし、週に1回は好きな炭水化物を普通盛り程度夜食べるようにします。

お酒は蒸留酒。焼酎、ウイスキー、ワイン。

具体的なダイエット方法

ダイエット前は朝に総菜パン2つ、お昼はコンビニ弁当1つとおにぎり1つ、夜は必ず外食で炭水化物を摂取するような生活でした。運動は通勤で往復30分くらい歩く程度でした。

昨年末に体調を崩してから食欲が減少したのをきっかけに、お米などの炭水化物を摂取しないようにすると同時に食べる量も減らしました。朝は軽めにウィダーインゼリーとヨーグルトドリンク、お昼は麺が入っていないちゃんぽんスープのような野菜スープと野菜サラダとサラダチキン、夜は基本的に食べないようにしました。

急激に食事の制限をするとストレスを感じてしまうので、週に一回か二回はご褒美に好きなものを夜に食べるようにしました。

食事のコントロールをするのと同時に大きな筋肉を中心に筋トレを行なうようにしました。主に大胸筋、広背筋、腹直筋、僧帽筋、大腿四頭筋、ハムストリングを鍛えました。筋トレをすることにより代謝が良くなり、体重の減少もスムーズになりました。

15kgの減量とともに体脂肪も最大時27%あったのが現在19.5%まで減少することに成功しました。しかし、これ以上、体重や体脂肪を下げると体に様々な影響が出てくるので、このくらいの体重を維持しようと思います。

どんなデメリットがあったか

体脂肪が減少したので少し肌荒れが増えたのと、免疫力の低下が生じました。そのため疲れた時や寝不足になると体がだるくなり、風邪のような症状が出やすくなりました。

あと、若干急激に痩せたのでお腹回りの皮が余ってしまい、だらしない体形になりました。妊娠後のお腹のように皮がダブダブです。

どんなメリットがあったか

体重が減少したので走ると飛んでいるみたいに感じます。腰への負担も軽くなり腰痛がかなり解消されました。

また、筋トレを取り入れたことにより、食事を多く摂っても体重が増えづらくなりました。

まとめ

あまりにも食べる量を減らすと体に異変が生じますので、基本的にはカロリー制限はお勧めしません。先ほどお伝えしたように風邪を引きやすくなるなどの影響が出ますので、少しでも異変が生じたらダイエットは止めてください。

[参考記事]
「キャベツダイエットを3ヶ月行なった結果、7キロ減。超簡単!」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top