Read Article

広告

糖質制限ダイエットの停滞期を乗り越え、1年で13キロ減

広告

 

この記事は40代の男性に書いていただきました。

……………

・始まりは・・・

ダイエット前の私のデータとしては、
40台中ばの男性、
身長は170cmギリギリ、体重が75キロ。
体脂肪率は26%くらいでした。
BMI(体格指数)で計算すると「肥満度1」で、適正体重は63.6kgですので、11.4kgオーバー。

このように計算をすることで客観的に判断できるので、ダイエットを決意するまでに時間はかかりませんでした。
私が選んだダイエットは糖質制限です。
最初の1ヶ月ですでに70キロの壁はすぐに突破し、周りのみんなが「痩せた?」と誰もが聞きました。
そう、7キロ痩せたのです(68キロ)。
急な変化に、病気では?と疑われる声もありました。

食事で気をつけたほんの少しのこと。

・肝心なのは晩ご飯。

基本的に体力勝負(保育士)の仕事なので、朝や昼はご飯もパンも、つまり糖質制限のない食事を食べていました。
朝や昼は即効的なエネルギーとして、炭水化物も食べれば、省く食材もありません。
ただし、晩ご飯はその後の活動も限られていて、それほどエネルギーはいらないので、お米、パン、うどんなどは食べずにおかずのみ、そして少々のアルコール類をいただきました。

アルコール類と言えども糖質が多いのでは?と思う人もいますが、確かにビールやワインは糖質が比較的多いです。
しかし、焼酎などの蒸留酒は糖質を含んでいませんので、私は基本的に焼酎しか飲みません。
アルコールも糖質も何もかも削ってしまうと、我慢が爆発してしまうので、適度に自分を許すことをしました。

ですので、晩ご飯から省いたのは、基本的に穀物系を中心とした炭水化物、ビール、甘いお酒。

・お腹が空いたときや諦めそうになったときには?

初めの体重の減り始めは驚くほど数字に出るので、毎日風呂上がりに体重計に乗っては、下がっている数字に喜んでいました。
それにより毎日の計測が楽しみになりました。
ただ、1ヶ月で7キロくらい痩せましたが、それからさらに2ヶ月ほど経っても2キロくらいしか痩せなくなりました(66キロ)。
この時期はちょうど初夏にあたり、お腹が空いたときには、果物を食べていました。
もちろん果物には果糖が含まれていて、さらに脂肪になりやすいと言われていますので、これが体重が減らなかった原因かと思います。
体重が減らない停滞期に諦めてしまう人も多いかと思いますが、わたしも諦めました。
ハッキリ、このあたりの数字が限界かな?と。

ただ、それでやけ食いなどはせず、ポジティブに「まあ3ヶ月でこんなに痩せたんだしいいか」と思うようにしました。
一番大きな励ましは痩せたことで周りの人から10才近く若く見られたことです。
そんな声を励みに、基本的な食事パターンは変えませんでした。

・その結果

そして今、1年が経ちました。
あれから4キロ痩せて体重は62キロ台、体脂肪率は16%。
ダイエット前の体重から約13キロ減、体脂肪率10%減。
停滞していた壁も、最近62キロ台に落ちてきて、まだまだ無駄な脂肪は落とせる気がします。
夜だけ糖質を抜くと基本的なスタイルは変えていないので、さらに4キロ痩せた理由は「続けたこと」だと思います。

・さいごに

3ヶ月ほどで約10キロ痩せて、かなり長くそこからは変わらずでしたが、1年で13キロ痩せたという結果になりました。
ベルトの穴は二つも小さくなり、着れなくなってた昔の服も着られるようになりました。
やはり継続は力なりです。
今でも適正体重よりも1.5キロほど少ない体重で安定しています。

一番の理由は何度も言いますが夕食から糖質を排除したこと。
私の場合、仕事で動き回っているので、「定期的な運動なしで夜だけ糖質制限」にしましたが、デスクワークの人ですともう1食糖質を抜いてもいいかもしれません。

[参考記事]
「糖質制限ダイエットで11キロ痩せたメニュー。デザートも我慢せず」

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top