Read Article

広告

糖質制限と筋トレ3ヶ月で15キロの減量に成功した方法

この記事は30代の男性に書いていただきました。

………

 私は何度かダイエットを試みましたが、ことごとく失敗してきました。しかし2年前の31歳の頃の健康診断の数値が過去最大に悪くなり、これは流石にヤバイと感じ、食事制限+自宅でできる筋トレでダイエットをする事を決意ました。

 ぽちゃぽちゃの中年の身体からアスリートのような筋肉質な身体を目指して85キロからスタートしました。結論から言いますと、3ヶ月で15キロの減量(85kg→70kg)に成功しました。一か月で平均5kgの減量ですので、少しペースが速すぎたことは否めません。

これから、その全容をお話していきます。

広告

・月〜金曜日は徹底して食事制限

 ダイエット前の食生活から先にお伝えします。

 少しでも多く寝ていたいため平日(月〜金曜日)の朝食は食べません。

 昼食は外回りなのでコンビニでカップ麺や揚げ物、ラーメン屋でセットものなど食べていました。これが健康診断で悪い結果が出た原因だと思われます。

 夜は妻が作ってくれた美味しい晩御飯(白米を茶碗二杯)というような内容でした。オカズは肉料理、魚料理など極普通のメニューです。ただし、白米を普通茶碗ニ杯食べていたので、糖質の摂りすぎはありました。

 そこで平日の食事制限から見直すことにしました。

 朝食はダイエット前と変わらずに摂取しません。

 昼食は今まで健康に悪影響を与えていたと考えられるコンビニ飯をトマトジュース(無塩タイプ1リットル)とゆで卵で過ごすようにしました。

 夕食は妻の作ってくれた晩御飯ですが、白米は抜きです。以前は普通茶碗二杯食べていたのですが、1杯約50gくらいの糖質量を含みます。これを二杯分食べなかったわけですので、100g分の糖質量を減らせたことになります。

 夕食メニューは基本的に野菜と肉とバランスよい献立を妻に頼んで作ってもらいました。

 土日の休日は付き合いや家族との外食などもあるので糖質制限などの食事制限はしていません。朝食も普通に食べます。ただし休日は食べすぎないことだけ意識して過ごしました。これがいわるゆチートデイ(ダイエット中の息抜き)になっていたので、ストレスは感じませんでした。

・自宅で出来る筋トレで肉体改造

 ライザップのように糖質制限をしながら筋トレも行ないました。しかしジムに行くお金も時間もないので自宅で最低限の器具を揃えて毎日決まったメニューをこなすようにしました。

 その器具とは腹筋ローラー、プッシュアッパーです。この2つをネット通販で購入、どちらも安いものなら1000円しないようなものです。

(腹筋ローラー)

(プッシュアッパー)

 腹筋ローラーは慣れるまではいわゆる膝コロで30回を3セット行ないました。
※膝コロとは以下の画像のように膝をついて腹筋ローラーを動かすこと

 3週間ほど経つと膝コロも慣れてきたので、それからは立ちコロを10回3セットに変更しました。初めは腹筋が破裂するのかと思うほど筋肉痛はありましたが、徐々に慣れてくるようになりました。
※立ちコロとは以下の画像のように膝をつかないで腹筋ローラーを動かすこと

 そしてプッシュアッパーを使っての腕立て伏せを20回3セット行ないました。プッシュアッパーの使い方は簡単で、プッシュアッパーにつかまりながら腕立て伏せをするだけです。

 もちろんはじめはどちらも筋肉痛になりましたが、慣れてくると寝る前の一汗が、快感に感じるようになってきました。

・この生活を3ヶ月続けて

 食事制限と筋トレを始めて1ヶ月で体重は7キロの減量に成功しました。さらに2ヶ月目で3キロ、そして3ヶ月で15キロの減量ができました。ここまでの成果は予想してなかったので、驚きました。

 実感としてはトマトジュースを飲んだからか便通が良くなった気はしました。また寝起きもスッキリと起きられるようになりました。

 また、見た目も以前と比べたら格段に筋肉質になりました。まだまだ人に見せられるような肉体ではないですが、以前と比較したら別人。

 成功した要因としては休日の日はなるべく好きなものを食べるようにしたことだと感じます。食事制限を始めたころは好きな揚げ物やラーメンが食べられないことでイライラすることもありましたが、チートデイを作ったことでモチベーションを保てるようになりました。

 健康面でも悪玉コレステロールなどの数値が劇的に改善されるようになりました。今では食事制限(糖質制限)はある程度緩めましたが、筋トレとトマトジュースを続けて体重をキープできております。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top